and world (Kanji)


world symphony

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

悲しき明滅と 鳴り止まぬ遠吠え
全てはただ通り過ぎて

倒れた老木と アカシアの芽生え
全ては流れのままに

風に舞う色鳥 意味も無く
それでも 鮮やかに 生命の音が溢れた

world symphony
刻んだ言葉のその先へ
何億と繰り返され響く

暮れかかる過去と 僅かな現実を
全てを忘れゆくなら

一片の答え 彼方に星影
それだけ求めるままに

world symphony
繋いだ言葉のその先へ

君が在ろうと無かろうと陽は昇る
それでもただ唯一の正しさの上
細やかな生命の音と生まれた

world symphony
刻んだ言葉のその先へ
何億と繰り返され響く

world symphony
繋いだ言葉のその先へ

——————————————————————————————————

id-イド-

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

意思と佇む思い
浮き沈む夏の影
重ねて走る程に
罪となると言うならば

彼方に耀う 深山の意味を問う
聞こえているだろう ただ 独り

掲ぐ誇りの中 身を焦がして
息も果て 流れ散る後に
想像超える程 尽きぬ声
懸る「何故」を往く

時知らぬ程 募る
浮き沈む月の影
重ねて走る程に
君の名前を呼んだ

彼方に耀う 蛍火の後を
追い掛け行く手に ただ独り

掲ぐ誇りの中 時流れ
息も絶え 移り行く後に
想像超える程 尽きぬ声
懸る「何故」を往く

刺さる過去を果てるならば
浮かべ 浮かべ 誇りの中

——————————————————————————————————

River

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

フリージア揺れ 過ぎ行く日数えて
テオーリア故 言葉を音に染めて

徒夢を彷徨って 3秒半のイメージを
漂って なんとなく 洗われていく

I found it in the river
繋いだ円 スローに舞って
流した感情に乗って

I found it in the river
懐しさはフローに沿って
溶ける光のファブリックヘ

静かな流れ さざめく木々も夕映え
路は分かれて それぞれのストーリーヘ

時雨の後は 何かが消え去って行くようで

I found it in the river
繋いだ円 スローに舞って
流した感情に乗って

徒夢を彷徨って 3秒半のイメージを
漂って流れの中で今 気付く

I found it in the river
繋いだ円 スローに舞って
流した感情に乗って

I found it in the river
懐しさはスローになって
溶ける光のファブリックヘ

I found it in the river
I found it in the river
溶ける光のファブリックヘ

——————————————————————————————————

季節の灯 (Kisetsu no Hi)

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

水色の風が 通り雨に濡れて
ふとあの日の街を 思い出しました

当たり前の様に季節は流れて
黄昏に染まる そう いつかと同じ空

ただ重ねる何度も掲げた僅かな言葉

いつの日か私も君も終わってゆくから
残された日の全て心を添えておこう
灯る火の果てに

世界の始めに 聴いた事がある
耳鳴りはいつかの そう いつかの唄だった

見上げればあの丘の向こうに

何回目の太陽だろう? 憶えてゆけるかな?
与えられた日の全て 心を添えておこう
昇る陽の果てに

無くした 本当は透明な罪の上で
それでも 世界は透明な火を灯して

何度も掲げた僅かな言葉

いつの日か私も君も終わってゆくから
残された日の全て心を添えておこう
何回でも陽は昇る 遠くへ唄を乗せて

——————————————————————————————————

銀河の街 (Ginga no Machi)

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

ある空の国で 生まれたモノコード
幸福な海に響く

天の河原には静かなメッセージ
此処へ来た事があるような気がして

一羽の鳥が世界を見下ろして
まるで小さな奇跡の声で啼いた

取り戻して辿り着く先へ
遥か遠い昔から流れている強い風が

Hello どこか遠い銀河の街で出会っていたのだろう
Hello それは全て始まっていたんだ呼吸の日から

何千何億の星のモノグラム
瞬きの中で 空が聴こえた気がして

一羽の鳥が世界の夢を積んで
まるで小さな奇跡の声で泣いた

取り戻して辿り着く先へ
遥か遠い昔から響いている強い風が

Hello これは気の遠くなる程に 繰り返す旅
Hello それは全て繋がっていたんだ 呼吸の日から

Hello どこか遠い銀河の街で出会っていたのだろう
Hello それは全て始まっていたんだ 呼吸の日から

Hello それは遠い銀河の街で生まれた言葉

——————————————————————————————————

夏の余韻 (Natsu no Yoin)

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

いつの間にか忘れていた 夏の海は眩し過ぎて
振り返れば 崩れそうで 手を伸ばせばこぼれそうで

桐一葉の落ちる音に カゲロウも耳を澄ませば
駆けてゆく森の中で 思いが又一つ灯った

月明かり乗せて昇る陽の先に
今でも遠く響く
祭囃子はらせんを描いて
次の朝へそっと消えた

いつの頃か追いかけていた 果てる星を追いかけていた
振り返れば戻れそうで 手を伸ばせば届きそうで

霧の奥の帰らぬ場所 又全てが始まってゆく

探していたのは貴方の声 描いていたのは貴方の為
静かに開いた世界の先へ思いが此処で又一つ灯った

月明かり乗せて昇る陽の先に
今でも遠く響く
祭囃子はらせんを描いて
次の朝へそっと消えた

夏の終わりの幾つもの余韻追いかけてゆく程に
祭囃子はらせんを描いて
次の朝へそっと消え

月明かり乗せて昇る陽の先に
今でも遠く遠く響く

——————————————————————————————————

プラタナス (PLATANUS)

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

弛まぬ言葉 麗らかな午後に
跳ねるリズムで 風に舞い踊る

カームダウン 街は歩幅を合わせて
足りないものは何一つもない

Yourself It’s up to you

揺蕩う羽根は 穏やかな午後に
誘うリズムで 無碍に舞い踊る

歩を速めふと 鈴鳴りの音が
ゆくらゆくら時を刻んで

響く足音 プラタナスに寄せ
無口な木々と約束を交わす
願わくば音 今はそのままに
包まれたなら世界を見届けに行こう

弛まぬ言葉 麗らかな午後に
跳ねるリズムで 風に舞い踊る

カームダウン 街は歩幅を合わせて
足りないものは何一つもなくて

見上げればほら 太陽の語り
次の夜を待つ エメラルドの月

大した事は何一つもない
ゆくらゆくら時を重ねて

響く足音 プラタナスに寄せ
誰もが忘れた 秘密の祈り
戻らないなら 今はこのままに
幾つもの世界が色付くように

響く足音 プラタナスに寄せ
無口な木々と約束を交わす
願わくば音 今はそのままに
包まれたなら世界を見届けに行こう

——————————————————————————————————

Stay on land

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

hello 遥かな今日を何と例えよう?
あと少し 空気がまだあるうちに

繁栄の果てには 半透明の風が
太陽描く者 種を蒔く者

小さな祈りを 何度も捧げて
何かがそう変わり始める気がして

and I stay on land
華麗なイメージの上
生まれ行く今日を讃えた物語を

and I stay on land
無くした その後に
生まれ行く今日を例えた唯一の物語を

hello 遥かな地平線の裏側に
悲しみだけ残され滲む

この一刻みを この辿る運命を
全てを乗せて包むように

and I stay on land
遥か地上にて
生まれ行く今日を讃えた唯一の物語を

気が付けば 太陽に沿って 音が溢れて 今
振り向けば 芽生う地で 音が溢れて 今
生まれ行く 今日を讃え 音が溢れて 今
手を伸ばす そう 今と在るように

——————————————————————————————————

ある証明 (Aru Shoumei)

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

鮮やかだったあの太陽が 剥がれ落ちて 過去を閉ざして
世界が止んだ ほんの数秒に 絡んだ線を繋ぎ直して

雨曝しの水芭蕉が 伝えていたのは一つの証明
憂うだろうが 歪むだろうが その花は確かに此処に在った

吹き荒ぶ風の上に 茜色の空 夜が狂い出す前に
手を伸ばした

今 光の中 鮮やかに舞う海
遥か遠い丘で あの鐘が響く
追い掛けた夏の暮れゆく旅路を
未だ果てぬ声 ほとばしる方へ

鮮やかだった遠い幻を 追い掛けていた小さな声
ほんの僅かそんな声が世界を救う事もあるだろう

絶え間なく流る風 迫る夜に走る声 抱えた一つを手に
未来を描いた

今 光の中 溢れ出す意志の
その一滴が 花咲かすのだろう
追い掛けた夏の暮れゆく旅路を
未だ果てぬ声 遠ざかる

吹き荒ぶ風受け 今 意志を掲ぐ
遥か遠い丘で 今 鐘は響く
何度でも息を深く吸い込むのだろう

——————————————————————————————————

and world

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

絶えない空 弛まぬ空
光の雨降らして

奇跡の海へ 生命の円舞
光の路を照らして

繋いだ手と 伝えた夢と
君の声を探して

今、此処に この場所に
辿り着いたんだ

浮かんだり、生きたり、消えたり
そう、一瞬の最後は祈りを捧げて

今も、千の海で生まれる生命の声
幻の中で掴んだものを抱えて
寄り添う引力の果て 幾つもの未来が
溢れだす世界へ

絶えない空 弛まぬ空
巨大な意思の下で

木々は揺れ 花は舞って
風と共に

浮かんだり、生きたり、消えたり
そう、一瞬の最後に祈りが聞こえた

今も千の海で 生まれる生命の声
幻の中で掴んだものを抱えて
それだけでいいんだろう

「光り在れ」
未だ生命という名に 意味があった時代へ

空と太陽と海と土と音楽に寄せ
触れていたんだ いつでも
それは生命の声

それだけでいいんだろう
それが全てだろう

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :