JiLL Deco 2 (Kanji)


Brand-new life

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: Kubota

息を呑むような 青い星なら いつかは この目で確かめたいな
そう思った日から 夜が来る度 鼓動が 聞こえるようになったの

月明かりと大地が僕らに伝える 心臓音
試されてる 未来を

I’m dreaming of Brand-new day
The Brand-new life give love to the earth
今なにかが音を立て 変わろうとしてるよ
The Brand-new day
心でごらんよSKY この星に生まれたのならば
Why don’t you start the Brand-new life

この空のように 朝が来る度 新しい僕らが 生まれたなら

耳澄まして笑い合って 使うのは新たな共通語
予想してみて 未来を

I’m dreaming of Brand-new day
The Brand-new life give love to the earth
世界中が同じSTEPで踊り始めるよ
The Brand-new day
心でごらんよSKY 意外といける なんかいい気分
Why don’t you start the Brand-new life

Brand-new day
The Brand-new life give love to the earth
I wanna see the truth
What does the future bring to me?
I’m dreaming of the Brand-new day
心でごらんよSKY この星に生まれたのならば
Why don’t you start the Brand-new life

——————————————————————————————————

SUMMER MAGIC

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: chihiRo・Kubota

胸を打つビート 火薬の匂い
人ごみの嫌いなあなたを 励ましてダッシュ もう始まってた花火

私ばっかり 張り切ったスタイル
楽しそうにしている でもなんか 理想と違う 悲しくなってくる始末

さぼり気味の あなたは
去年の夏は必死に私を笑わせたのに

ぐっとぐっと二人で もう一度 Fall In Love
花火の震動に押されて
ずっとずっと一緒に いたいから Fall In Love
次の夏もここに来るから 絶対 はなさないで

熱帯夜マジック 花火のスコール
テンションがフツーなあなたも さすがにもうスマイル
楽しくなっちゃうシチュエーション

油断してる あなたは
去年の夏は必死に私を誘い出したのに

ぐっとぐっと二人で もう一度 Fall In Love
真夏の薫りに吹かれて
ずっとずっと一緒に いたいから Fall In Love
あの頃の二人を あなたが思い出しますように

さぼり気味の あなたを
今年の夏は必ず私が口説き落とすから

ぐっとぐっと二人で もう一度 Fall In Love
花火の震動に押されて
ずっとずっと一緒に いるために Fall In Love
何度もまたここに来る度 ぎゅっと 確かめ合おう

——————————————————————————————————

一途な星 (Ichizu na Hoshi)

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: Kubota

見つめてモーニング 君は朝焼けに残る一途な星
夕べのショータイムより優しくキラリ

どうしたら届くのだろう その気持ちは 言葉にはならなくても伝わるから
繰り返す 闇の中 君の声 消されても
ほとばしる想い 君は簡単に消せない

見つめてモーニング 君は朝焼けに残る一途な星
夕べのショータイムより優しくキラリ キレイ

涙がフォーリング 一途な君は夜空見上げてポロリ
落としたしずく 世界中に響く雨音になり 街は目覚める

夢達は 遠い場所で待ってるから 気が遠くなるのは当然だと笑った
膨大な 星の中 君の声 埋もれても
夜が明ける空に 1つだけ輝いている あの星

見つめてモーニング 君は朝焼けに残る一途な星
夕べのショータイムより優しくキラリ キレイ

涙がフォーリング 一途な君は夜空見上げてポロリ
落としたしずく 世界に響くよ

——————————————————————————————————

蕾 (Tsubomi)

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: Jin Nakamura

触れても 触れても 足りなく
背中に鼻を押しつけても
前より君からのエナジー
感じれない なぜ 君の背中が困ってる

扉を閉じようとする大きな
手を もっと よく見せて 私をなぞってみて
落ちてゆく私 拾ってよ どうしても まだ閉じるのは早い

気が遠くなるほどの沈黙
泣いたら きっかけになってしまうそうで
笑わせるようなこと探して
益々無口になる私を君は知ってる

行き場を隠すような事しないで
まだ その迷い 間に合うなら どこへも行けるのに
朽ちても 今は君を抱いて このまま雨を待とう

背中の どこかに隠した 君の優しいのが滲んで
私は それに甘えて まだ動けないでいる

——————————————————————————————————

YOU & I

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: Kubota

出かけよう 決めたのに まだウダウダ
知らない世界に 連れ出して欲しいの

一人の時間も嫌いじゃないのよ 静寂さえ 愛せるけど
二人になって初めて鳴らせる 音があるの だからここへ来て

会えたらYOU&I 試そうよTONIGHT 君はどんな愛のリズム?
たちまちYOU&I 見た事もないLOVE 作れると証明するよ

私の心を知りたいのなら
嘘でも 偶然会いに来て欲しいの

探りはナンセンス 暗号はメイル 会えばすぐに 笑えるのに
一人じゃなにも始まってないよ だけど私も同じなの だから

会えたらYOU&I 嬉しいのTONIGHT 最終的にはFACE TO FACE
やっぱりYOU&I わがままもBIG LOVE 両手で抱きしめてあげよう

喧嘩は避けたいの 好きだから 泣きたいのに 励ましたり
君の袖をつまんでその先へ これは今年最大のミッション

会えたらYOU&I 試そうよTONIGHT 君はどんな愛のリズム?
たちまちYOU&I 見た事もないLOVE 作れると証明するよ
会えたらYOU&I 嬉しいよTONIGHT 最後はやっぱりFACE TO FACE
まだまだYOU&I わがままもBIG LOVE 両手で抱きしめてあげよう

——————————————————————————————————

回るひと (Mawaru Hito)

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: Jin Nakamura

動じない 君に また ため息
成就ないね 君は 重罪

傷を知らない 装いかい
傷だらけなら そう言いなよ

ママは ずっと 右往左往
君が孵ってから
ひずんだ 陰だけ落とし
痛み分けぬ 手には負えぬ

折れた 尾びれ 従っては
どこへもゆけず 回るひと

じょうがない理想 振り回して
所在ナイ 日々を 循環して

聡明な 君は 歪んでいる
そうじゃないね どこまでも 純真

下界は 一層 まやかし
君が孵ってもなお
不実が 君の 鰭折る
歪んでんのは 君以外

折れた 背びれ 従っては
どこへもゆけず 回るひと

——————————————————————————————————

光の指す方へ (Hikari no Sasu Hou e)

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: KOBUTA

「この夢の続きが 本当にある気がするんだ」
君が話していた まだ見ぬ場所を探して

僕は 君と歩き出す 何が起こっても 手を離さない

I Saw The Light 駆け出そう 光の指す方へ
もう誰にも 止められない 信じる心だけは
君となら 必ず 幻さえ掴めるよ ほら もうすぐ青い空

「消せない夢だから どこまでもついて来るんだ」
しゃがんだ足下の 伸びてく影は幻

淡い光だとしても 確かに見た希望 掴むんだ

I Saw The Light 飛び出そう 光の指す方へ
もう誰にも 止められない 僕らの熱い想い
君となら 必ず 幻さえ掴めるよ ほら もうすぐ青い空

遠いむかし見たような 森を迷ったら
遠いむかしから来た星に祈ろう
光を 光を見つけた

君となら 必ず 幻さえ掴めるよ ほら もうすぐ青い空

I Saw The Light 駆け出そう 光の指す方へ
もう誰にも 止められない 信じる心だけは
君となら 必ず 幻さえ掴めるよ ほら もうすぐ青い空

——————————————————————————————————

画家とねこ (Gaka to Neko)

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: Jin Nakamura

忠告聞かずに歩くねこを 君はクラリ 西日に目を眩ませ 見失う
下へ下へと 導く渦 引き込まれる感触 虚しい静寂 それなのに

幼気な君 眠る度に忘れてゆくのを 怖いと言う
失う影 失う記憶 押し合う新たな日々

戻れとドローイング ここにいるように 君がねこを描く
それ以外に術を持たない体
戻れとドローイング いたずらにグローイング 忘れないように
いつか消えてくのをどこか感じながら

出来る限りは忠実に描いた この絵が そのまま記憶とごっちゃになっても

幼気な君 眠る度に忘れてくのを 薄情と言う
失う影 失う記憶 染め合う重ねた空

戻れとドローイング ここにいてよと 君がねこを描く
それ以外に術を知らない体
戻れとドローイング 待ってるのに 言い聞かせては
いつか消えてくのをどこかで知りながら

永久を誓ったとして 待ち続けることは出来ず
失う影 失う記憶 いつかは新たな人

戻れとドローイング 君のために 君がねこを描く
賢いねこは間違えず 歩く
戻れとドローイング もう戻らない 気づいてしまおう
いつか消えてくのを君は知ってるのね

——————————————————————————————————

Drive Drama

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: Jin Nakamura

それらしい言葉を並べては ちくりと刺して
ギリギリの立場を守る 君は いろいろずるい

シートに沈んで眺めても
一度もこっちを見ない

どれほどの意味があるの 楽しいはずのドライブ
「これからも会おうよ」なんて 大人ぶっていたんだ
人の心 読めない人 読めないふりの人
泣いて甘えた誰かのため 陽気なわたしを抜いた

遠回し言葉を並べては 釘をさしてく
問いただせど 急に驚いた顔して しらじらしい

コンビニ入る君を待ちながら
またシートに 沈む

どれほどの意味があるの 楽しいはずのドライブ
「また電話するよ」なんて 思ってもいなかったんだ
履き違う優しさほど 後になってこたえる
泣いて甘えた誰かのため わたしをここで降ろした

「これからも会おうよ」なんて わたし無理をしたんだ
でも会いたかった 手も繋げないと気付いた
どれほどの恋をしたの 楽しいはずのドライブ
泣いて甘えた誰かのため 陽気なわたし 降りてく

——————————————————————————————————

裸の歌 (Hadaka no Uta)

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: chihiRo

ひとは先ばかり 推し量り
靴の中の小石のようにいつも 悩みの種を抱えたがった
私の拙い子と思ってる大人達が 当たり前の事を教えたがるの

夜行性の雨のように 目を光らせ息を潜める
裸の歌 歌わせて すべての騒音を消すくらい 大きな声で

私に触れないで痛いから
手のひらに挟んで « 守ってるの » なんて口が避けても言わないで
私を少しも知らない癖に « 偉いね » なんて言われない方がずっとましなの

夜行性の風のように 迷いながらうねり続ける
裸の歌 止むことなく 熱にうなされる子供のように歌うの

夜行性の雨のように 目を光らせ息を潜める
裸の歌 歌わせて すべての騒音を消すくらい

雨のように 風のように 熱にうなされる子供のように
歌わせて 歌わせて すべての騒音を消すくらい 大きな声で

——————————————————————————————————

SHE IS THE SEA

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: Kubota

静かに燃えているんだよ 彼女の体の中が
誰もが好きになるんだよ 近くにいたいんだから

果てしない海へ 温かな海へ オールはもう持たずに行けるはずさ
そこは波達も いつも穏やかに 集まって来れる場所

私も彼女みたいに 笑っていたいよ
失う痛みを 忘れぬまま そして
人を愛したい なにもためらわず この胸に火を灯したい

でもきっと泣いているんだよ 涙は出さないけれど
私は涙しか出ない 心はちっとも泣けない

臆病だらけの 海を潜って 何もかも脱ぎ捨てて眠りたい
そこは夢達が 疲れたらすぐに 抱きしめてもらう場所

私も彼女みたいに 歌っていたいよ
人の悲しみを 忘れぬまま そして
傷つく事も ためらわずに この心ごとあげてしまいたい

臆病だらけの 海を潜って 何もかも脱ぎ捨てて眠りたい
そこは夢達が 疲れたらすぐに 抱きしめてもらう場所

私も彼女みたいに 歌っていたいよ
人の悲しみを 忘れぬまま そして
傷つく事も ためらわずに 心を全部

私も彼女みたいに 笑ってたいよずっと
失う怖さを 忘れないまま そして
人を愛したい なにもためらわず この胸に火を灯したい

——————————————————————————————————

夜更かしまたぐ (Yofukashi Matagu)

歌手: JiLL-Decoy association
作詞: chihiRo
作曲: Kubota

夜が色褪せて
鳥鳴くまで
静かに静かに
目を凝らしてたんだ

生まれた日に僕ら 静かな夜をひとつもらったのさ

他愛もなく
とてつもなく愛しい語らいと
それらしい計らい
ひとつずつ紡いで

魂 儚い自らに説き

夜越えて
鳥鳴けば

全ては もと通り

  1. Are you sure the kanji for Hikari no Sasu Hou e is correct? I was searching for it because I wanted to check if my kanjis were the right ones, but those words don’t match the song I have at all. *confused*

    http://www.youtube.com/watch?v=Mialwyp8Dr8 <– It should be this song, according to this: http://www.animenewsnetwork.com/encyclopedia/anime.php?id=9815

    Or am I just missing some really big picture here? @_@

    Just wanted to make tell you if it’s a mistake so you can fix it! o/

    Luv, reb

  2. Rah you’re right it’s not the lyrics.
    It’s good now.

    Edit: I just see that i have the lyrics of the single here
    https://aslyrics.wordpress.com/lyrics/jill-decoy-association/

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :