PURPLE (Kanji)


mai

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

響いたの 派手に蒔いたの葉
知りたいと 意味は草画の間

羽が憂いに飛ぶ秘密 血相になど
前に混む瞳は
はるか届いた新を重ねる旅
嬉しい事の全てマニュアルなく 飾る虹へ

目に浮かんだ さらい 色へ
手に乗せ 座州 蔦色へ
目に浮かんだ 甘い 色へ
手にクロス 座州 蔦色へ

響いた 飲まずライターの葉
知りたいと 意味は草画の間

——————————————————————————————————

unknown

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

昼 その時 ハープへ通れるのって言う
黒いイス 顔を見て 千話
本に転ぶ 2、3の罪
吟味は塀に続く コースターでいて

君と結わく なぞらう日々 希有鳩のみ 始まると
プリーツ 巨海 煩うなら 手に春を

夜 その時 カーブへ通れるのって言う
黒いイス 名前聞いて 千話
本に転ぶ 2、3の罪
吟味は塀に続く コースターでいて

君と結わく なぞらう日々 希有鳩のみ 始まると
プリーツ 巨海 煩うなら 手に春を

——————————————————————————————————

rio

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

砂のラジオ 流芸 紙バック届く
ヒューズ超え ヒューズとの堤防
夢の通りは拓け歌う 全て ヒューズ超え
たいら 言えないと上面
夢に間に合っては ただフィーリング居合わせ

月に咲くどの判明リング 深みあった勇気にする今
俳味かさる ユリの意志 駆け出して安堵は

歪み指す浮遊 どう罪に色あせ変わる
溶けて幕 安堵は

伸ばしたルール どの甘い夕 どの淡い夕
伸ばしたルール

——————————————————————————————————

cast a spell on her

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

そろりヒートを柔和 低い雨にその海
燃える 手に入る
こぼれた身にまとう 理想には埋もれて
側にコードと温柔な為に散る おとぎ
理解する 時計には綴る
荒く砕く石にはディテールの上

歌う外へ 涙連れてきて
多分 波の葉 ビロード 背に
伝う外へ 秘めた 無道は過ぎる

植えるスピン 目に方図は来れる 羽織を揃え
ポケットに すぐ会える
淡い三つ葉 包まって 理想には埋もれて
事に秀でる埠頭には 風に散る おとぎ
言わずの花を摘んでく
抱える言葉の強さに気付いて

歌う外へ 涙連れてきて
多分 波の葉 ビロード 背に
伝う外へ 響く 無道は過ぎる

歌う外へ 涙連れてきて
多分 波の葉 ビロード 背に
伝う外へ 秘めた 無道は過ぎる

隠れた太陽 隠れた未了の日

——————————————————————————————————

a portrait

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

あの星の角には 窓越しの匂い
日に日に問うと ガラスの数
あの日に会うと 溶けそうな夕闇や雷の音 放っていく

——————————————————————————————————

sea

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

声にいつか 夢に澄んだ荒地
繭に時をも描く
あの日 空 多岐への我意 あの日 空 多岐への我意
伝うリズム 黙る蓮の言葉は募る
光線まで
あの日 空 他人への賀意 あの日 空 あの日 空

声に急がす 夢に咲いた心は外
鮮明を抱く
あの日 空 多岐への我意 あの日 空 多岐への我意
回るリズム 耳に飛んだ幸を語り
ブルーをなぞる
あの日 空 他人への賀意 あの日 空 あの日 空

声を届ける
流砂の為の稲妻へ いがみ合わぬように
聞こえ咲く侘 道中浜へ 草木にあげた 降り注ぐよ

今さらなら 透明叩いた 浮いてく花びらや戸惑う濃度
追い風見つめて 去りえぬ間 気付かぬ音の道 昼間のように
華麗と奥の浴びる心の間ひも解いて 去りえぬ間
柔らかな音の道 変わらぬように

優劣と言葉、飛び越え 大切な

ここにいるわ

——————————————————————————————————

shell for mew

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

うるさい我止め 油断貼る轟音へ問う
紫陽花 頼みに ゆるい染筆終わりを
詠嘆 肘も切り返す徂徠 飲む
鋭角頼みに 晴れは超え存在の方に

ハイに遠くを見たい ミリ単位の優雅
足列を揃えた 弱みピンで留めて

食み メイクアップ 大事なるコートへ
向日葵との友
風にまつわる単に星座
ハートへ ハートへ
食み メイクアップ 大事なる線路に
今は酔う 雷同の身
幅は絶えず対等のレム睡

狂わす我止め 油断貼る轟音へ問う
古い朝の耳に 汲む潜熱終わりを
詠嘆 肘も繰り返す空色 干す
低圧な吐息 彼は超え存在の方に

ハイに遠くを見たい 予想図の優雅
パテで符を捉えた 弱みピンで留めて

——————————————————————————————————

early monsoon

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

永久に 永久の龍
地図に多くの身勝手な風が通る
リズムは吹き付ける 意味をなす雨模様

ここに止まる 日々送る 星夜の有無
あの木に遠のいた記憶引き出す

永久に 永久の龍
度が麻痺の身勝手な伏し目解く
リズムが吹き付ける 陽にあたる在処と

ここに止まる 日々送る 星夜の有無
あの木に遠のいた記憶噛み砕く

——————————————————————————————————

when we were

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

まだら美や思いの果てに寄り添う
甘い船装 向かう気にはならない
夢に再送 眩む日々は繋がる
ずっとシーソー 心ともる 行く手に

悲しむはずもないのに
無の地理は描く景色も 遊糸変えた夕べ
淡く ゆれる 記憶までも

赤いビート 凍える言葉 唱える
甘い船装 超える気にはならない
時に再送 眩む日々は繋がる
クロスワード解ける まずは行く手に

導くポーズはないのに
無の地理は描く景色も 遊糸変えた夕べ
淡く 光る 記憶までも

——————————————————————————————————

screen

歌手: Spangle call Lilli line
作詞: Kana Otsubo
作曲: Spangle call Lilli line

かちわる火 胸を裂く 見入ってゆくのに
ただ あの星 味覚は受け取った
おねがい 散り去る方を抜けて
言いたい事は 向かう散々セリフの上

たゆたう たゆたう 紙が望むパース
照り交う 眩しい夢は何

かすめる火 胸を裂く 見入ってゆくのに
ただ 楽しい 味覚は受け取った
無を抱く 行く背に顔を持て
自ら向こうへ 向かう散々セリフの上

たゆたう たゆたう 紙が望むパース
照り交う 眩しい夢は何

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :