Hotaru Hoshi (Kanji)


蛍星 (Hotaru Hoshi)

歌手: 元ちとせ
作詞: 常田真太郎
作曲: 常田真太郎

傾いた影の向こう 夕映えに赤く染まる笑顔
夏の陽で枯れた心 そっと潤していく

“ただいま”と“おかえり”が 今日もまた優しく手をつなぐ
出迎えるヒグラシは言う 帰(か)還(え)る場所は、ここ

誇れること 何もないけど
目に映るのは 失くしたくないもの

手を広げたら 欲張るだけで
いらないものまでも掴む
両手ですくう それくらいでいい
小さく光るもの 逃がさずに 落とさずに
蛍星

見上げれば宵の空 肩を寄せ温もりが瞬く
耳すませば聴こえてくる 懐かしい歌声

例え淡く 眩しくはなくとも
確かに強く生命を照らしている

数え切れない 満天の明かり
見えない所からも降る
君との距離がはるか何光年
離れていたとしても 手のひらの 上にほら
蛍星

手を広げたら 欲張るだけで
いらないものまでも掴む
両手ですくう それくらいでいい
小さく光るもの

数え切れない 満天の明かり
今日も誰かがまた灯す
明日もここに 帰(か)還(え)れるようにと
小さく光るもの 壊さずに 抱えていく

蛍星

——————————————————————————————————

Siuil A Run

歌手: 元ちとせ
作詞: Traditional
作曲: Traditional

I wish I was on yonder hill
‘Tis there I’d sit and cry my fill
Till every tear would turn a mill
Is go dte tu mon mhuirnin slan

I’ll sell my rock, I’ll sell my reel
I’ll sell my only spinning wheel
To buy my love a sword of steel
Is go dte tu mo mhuirnin slan

Siuil, siuil, siuil a ruin
Siuil go sochair agus siuil go ciuin
Siuil go doras agus ealaigh liom
Is go dte tu mo mhuirnin saln

I’ll dye my petticoats, I’ll dye them red
And round the world I’ll beg my bread
Until my parents shall wish me dead
Is go dte tu mo mhuirnin slan

I wish I wish I wish in vain,
I wish I had my heart again,
And I’ll vainly think I’d not complain,
Is go dte tu mo mhuirnin slan.

Siuil, siuil, siuil a ruin
Siuil go sochair agus siuil go ciuin
Siuil go doras agus ealaigh liom
Is go dte tu mo mhuirnin saln

But now my love has gone to France
To try his fortune to advance
If he e’er comes back ’tis but a chance,
Is go dte tu mo mhuirnin slan

Siuil, siuil, siuil a ruin
Siuil go sochair agus siuil go ciuin
Siuil go doras agus ealaigh liom
Is go dte tu mo mhuirnin saln

Siuil, siuil, siuil a ruin
Siuil go sochair agus siuil go ciuin
Siuil go doras agus ealaigh liom
Is go dte tu mo mhuirnin saln

——————————————————————————————————

やさしいうた (Yasashii Uta)

歌手: 元ちとせ
作詞: 渡辺健二
作曲: 渡辺健二

うそみたいに今を
信じていられた頃

いつの日も流れていた
あのメロディーを何度となく
口ずさんでた君の横顔
優しい瞳うつしてる

あらゆるものが色づき始めてゆく頃
何もなくてもあのメロディーと
ほんの少しのぬくもりに包まれて

知らぬ間ににじんでゆく
気持ちを抱いて
あまりにも知りすぎてく
何も見えない

どこまで歩いても
変わらず届かないままさ
立ち止まる歩道で
ふいに何かがこみあげてく

いつの日か流れていた
あのメロディーを憶えている
寄り添う様に語りかけてく
一人じゃないと励ましてる

あれから少し季節が過ぎたことを知る
手に入れたものと引き換えに
失くした大事なもの

今もまだ聞こえている
あのメロディーを口ずさんで
色あせた写真の笑顔は
今日も 変わらない 変わらない…

過ぎていく時の中で
薄れていく虹の色を
溶かした様なあのメロディーを
心の中にいつまでも忘れない

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :