LIFE (Kanji)


REMIND

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

« I was standing in the feelings that was glowing. » And he said,
« Everything is wholly broken in the first place.  » And he laughed.

Like you talk to a man living in a deep ocean.
And like you reveal the secret of a distant star, far away.

I step forward to face myself the night creeps up on us from the dusk
where it was hiding.

I step forward to face myself the night is throwing the night now.

Remind me, the moonlight is holding the night nice and calm.
When it’s holding the night, remind me.
Remind me, the world made the night so we don’t miss the glow.
It’s a faint glow of life. Remind me, remind me.

No one never, ever stops looking for the truth in life,
everyone is going through the sad nights all by themselves.

We can’t see the real treasure with our eyes.
But you know, that’s why we have music beside us like a dream floating
on the floss silk.

Remind me, I was standing in the feeling that was glowing.
We were once connected. Remind me.
It’s a faint glow if life.

I’m feeling myself, you’re feeling yourself.
Feeling sharpened and, come into a light.
I’m feeling myself, you’re feeling yourself.
Feeling sharpened and, come into a light.

Finding the air, finding the earth, finding water, finding fire,
you find yourself standing.
Remind me. Remind me. Remind me. Remind me.

Remind me, the moonlight is holding the night nice and calm.
When it’s holding the night, remind me.
Remind me, the world made the night so we don’t miss the glow.

When you’re one with the light, remind me.

——————————————————————————————————

ストロマトライト (STROMATOLITE)

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

Standing in the middle of the night, tonight,
the air’s getting dense with resolution.
Fading every phenomena out from the sight,
there’s no use in hustling for revolution.

Anymore.

The world questions us what it’s all about,
the sun’s going down, we narrow our eyes.
Feeling all the emotion vanish from the sight,
as it turns to the heat then we close our eyes.

Anyone. We close our eyes.

All I really want to know is…

It’s all been fated from the start?
I really don’t think that it’s the only way it should be.
Is it the light from longest past?
Or it’s the future that goes away
beyond the time and space or more.

Standing in the middle of the night, tonight,
the air’s getting dense with resolution.
Fading every phenomena out from the sight,
there’s no use in hustling for revolution.

The world questions us what it’s all about,
the sun’s going down, we narrow our eyes.
Feeling all the emotion vanish from the sight,
as it turns to the heat then we close our eyes.

It’s all been fated from the start?
I really don’t think that it’s the only way it should be.
Is it the light from longest past?
Or it’s the future that goes away
beyond the time and space or more.

Or it’s the future, or it’s the future,or it’s the future
That goes away beyond the time and space or more.

——————————————————————————————————

FREE STAR

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

月光のない きれいな夜
小さな光を売る声
儚くて 美しくて
狂いそうに きれいな夜

太陽無くした千年前
まだ目が見えなかった頃
騙されて 可笑しくて
振り返れば手遅れで

あの星に向かう 船に乗り
あの光を探しに君は行く

Free star だんだん遠ざかる
Free star 世界を止めて
いつか見た流星を 追いかけてゆくように

Free star たった一秒で
Free star 世界は変わる
僅かに残された光を集めに行こう

少年はいつも集めていた
残り僅かな光を
一欠片 独りきり
笑い合えた目々を思い

月が点火した最後の夜
戦争なんて忘れそうな
ただきれいで 美しくて

あの未来を染めに君は行く

Free star 何億と響く
Free star 世界に寄せて
Free star 最期の夜は
聴かせて欲しい歌がある

あの星に向かう 船に乗り
あの光を探しに君は行く

Free star だんだん遠ざかる
Free star 世界を止めて
いつか見た流星を 追いかけてゆくように

Free star たった一秒で
Free star 世界は変わる
僅かに残された光

——————————————————————————————————

式日 (Shikijitsu)

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

消えてゆく 太陽も 肺も 歌も
生まれてゆく 光も 愛も 音も

美しい覚悟 僕らは気づかずに
星に時計を見た 密やかな魔法

雪が降り世界を満たす夜は あのメロディー
まだ抱えていたまま
離さないで 小さなダイヤモンドが
輝く今日は美しいと思うんだ 今

あれは春という鮮やかな光
悲しみを溶かし また出会えるように
今は遠すぎる 互いの日々も
溶け合って行くだろう
そのままの声で

遠回りで失うこともあるだろう
戻れずに崩れる夜もあるだろう
そのままで その声を聞くから

あれは太陽が目指した祈り
悲しみを溶かし また手をたたいて

遥か遠く 遠い星に
満たされた世界は在って
風のような 祈りのような
未来のような 光が降るから

あれは春という鮮やかな光
悲しみを溶かし また出会えるように
今は遠すぎる 互いの日々も
溶け合って行くだろう
そのままの声で

世界が終わってすべてが消えて
それでも僕ら繋がっているだろう
そうやって思える 今日の光を
繋いでゆく 今日の日を

——————————————————————————————————

WALK

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

滲んだ街の片隅で
貴方は何を見ていただろう?

明日の歌 その全てに
負けぬように歌っていたのだろう

黄昏の風に似た 世界の果てで
壊れそうに 揺れている 小さな目の
その強さに

鮮やかな街で 見上げた夜空を
貴方は信じた そっと目を閉じて
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

華やぐ街の色達は
キラめいてもすぐ壊れて

気付けば嘘にも慣れたな
あの日の空も忘れたな

黄昏に染まれ

鮮やかな街は 何も語らずに
すれ違うままに また続いてゆく
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

春の欠片で目を覚ました
命達の その正しさだけ
ずっと抱えてゆくのでしょう

鮮やかな街で 見上げた夜空を
貴方は信じた そっと目を閉じて
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

鮮やかな街で 見上げた夜空を
貴方は信じた そっと目を閉じて
ささやかな日々の 正しさの夜明け
僕は息を吸って また歩いてゆく

That is all.
We live.

——————————————————————————————————

街の輪郭 (Machi no Rinkaku)

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

春の朝 生まれたての街のメロディーが
近づいた季節にこだまして
振り向いた風の向こう側ヘ
世界を色付けてゆく

なぞり絵の月日を歩む人は囁く
引き寄せ合う鳥達は笑う
大切で儚いメロディーを
もう一度探しに

Have a nice day
儚くても そのままに奏でるシンフォニー
Have a nice day
新しく生まれた日々に 重ねるシンフォニー

思うのは 例えば風が笑っていた音
その先で 君も笑っていたのに
涙の訳も全部 もう一度二人で探しに行こう

Have a nice day
儚くても そのままに奏でるシンフォニー
Have a nice day
新しく生まれた日々に 重ねるシンフォニー

Have a nice day
美しく生まれた日々もやがて散るだろう
Have a nice day
気付かない振りをしていた 小さなメロディー

——————————————————————————————————

オールドサンセット (OLD SUNSET)

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

乾いた砂 潮風に舞う ひっそり
急かされる様な エテジアに似た思い

とても小さな黄昏草は 独り
生まれてくる星は今も 彼方に

過去に溶けた離ればなれの感情に
別つ君の思いも 今どこかに

有るか無いかそれだけで続くストーリー
眩しいほど凪いだ海の 彼方に

言葉に鳴って 響く
忘れ得ぬ日を
思い出していたのは 心の所為
あの海ヘ

Why do you stare the sunset?
当たり前の口々の中で答えも無く

響く123 どこかで聞いたリズム
夏の夜に駆け出した思い出

とても小さな基地で皆独りきり
無敵の基地を探しに

Why do you stare the sunset?
当たり前の日々の中で答えも無く

Why do you stare the sunset?
また一つの日々が生まれ答えは無い

——————————————————————————————————

金色のカペラ (Kin’iro no CAPELLA)

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

最後の動物達が消えてしまった夜
傘はヒラヒラと舞い降りて海へ帰る

今日が美しい事 君はまだ歌にして
光った あれは何だ?
今はただ

空風が 舞い上がる
鳴り止まぬあの声
満たされたカゲロウが
笑い飛ばしている

彼は動物達が気付かない間に死んで
戦争が狂っていたんだ それだけは間違いないだろう?

最後の動物達が消えてしまった夜
傘はヒラヒラと舞い降りて海へ帰る

今日が美しい事 君はまだ歌にして
光った あれは何だ?
今はただ

空風が 舞い上がる
鳴り止まぬあの声
満たされたカゲロウが
笑い飛ばしている

金色のカペラ 夜空に現れた
そろそろ帰ろうかな 世界に雨が降ろ
金色のカペラ 夜空に暴かれた
そろそろ帰ろうかな 綺麗な雨が降る

——————————————————————————————————

UNFOLD

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

淡く揺れる川の流れに似てた
あの空みたいに
全てを受け入れたらまた世界は、
色に染まるかな?

春の雨 水飛沫 夏の夜 千の星
聴こえていたのに
秋の月 傷付いて 冬の風 追いかけて
また此処に来てた
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”

優し過ぎる世界に気付けなくて、
また此処に来て

悲しみに目を閉じて 戻れない 一人きり
嘘に変わるまで
片耳の鳥達は流星の影に乗り伝えていたんだ
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”

again again again again

それでも 誰でも また笑えるように
紡いで行くんだろう
小さく開いた掌からまた
光は溢れて

Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”

Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”

Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”
Before you say “Hello my name is over.”

again again again again
again again again again

uh uh uh uh
uh uh uh uh

——————————————————————————————————

TO THE WORLD END

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

星も眠る夜に独り佇む
土の声は鼓動として響く
風の笑みを愛と例えるなら
次は何処へ辿り着くのだろう

種子の祈り 深く空を讃えて
獣達は木々と夢を交わす
すべては皆繋がっていたはずだろう
そうだろう?

ただ讃え合って ただ奏で合って
出会って 笑って それだけで
良かったはずだろう?

Take me to the world’s end tonight.
今は此処で
夢に染まれ

日々は巡り 争いまでも巡り
貴方をただ想っていた
嗚呼

すぐそばにいて欲しくて
嗚呼

Take me to the world’s end tonight.
今は此処で
夢に染まれ
今は此処で
夢に染まれ

例えば このまま この空が
果てるなら このまま このまま
この歌を乗せ
Take me to the world’s end tonight.
夢に染まれ

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :