first 9uality (Kanji)


晴天 (Seiten)

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

飽きるほど 雨が降り続く季節
そろそろ着る服がない!
そんな ありふれた小さい苛立ちを
君にぶつけた

それなのに また今日も抱きしめてくれる ねぇ

眩しいよ 君の笑顔が
嬉しいよ 傍にいることが

誰もいない 深い暗い夢の中で
君を探して 泣いてた
目覚めたら 寝顔はそこにあって
涙こぼれた

ふと見た窓の外は 久々の晴天! ほら

眩しいよ 君の笑顔が
嬉しいよ また会えることが

君が笑う度に記念日 だからふたり いつも隣りで
テレビ見たり 歌をうたったり
「当たり前」を「特別」にしよう! It’s OK?

眩しいよ 君の笑顔が
嬉しいよ 傍にいること また会えることが

——————————————————————————————————

Hello

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

こう見えても私 強い女よ ひとりの夜でもぐっすり眠れる
友達の恋愛の話に たまには憧れも抱くけど平気よ

人口密度の高いこの世界で あなた抱え 走らなきゃならないから

いつか羽根が生えるまで 私と一緒に空へと運んであげるまで
止まることなく走るわ
見上げたこの広い空の 本当の広さを知る日は そう遠くはない
I say…「Hello」明日へ

こう見えても私 弱い女よ 怖い夢を見て泣くこともあるし
あなたさえいなくなってくれたなら…
なんて思うこともあったりするのよ

道に迷う度 どっと疲れて すれ違う人に八つ当たりしちゃうから

それでも
いつか羽根が生えるまで 私と一緒に空へと運んであげるまで
止まることなく走るわ
見上げたこの広い空の 本当の広さを知る日は そう遠くはない
I say…「Hello」明日へ

傘は邪魔になるからいらない

私達は この空と同じ 光と闇でいつも 斑模様

いつか羽根が生えるまで 私と一緒に空へと運んであげるまで
止まることなく走るわ
きっと羽根は生えるから 想像してるより遥かに大きくて 驚くよ
夢の中で見たんだ
今はただその時を 待ちながら明日の 空模様
見張っていよう 羽根が濡れぬように
見上げたこの広い空の 本当の広さを知る日は そう遠くはない
I say…「Hello」明日へ

——————————————————————————————————

Our Rock Star

歌手: THYME
作詩: thyme・星野孝文
作曲: 清水哲平

走り出す僕らのデイズ Don’t back go home
残された日々 Everyday so let go

うつむくのが得意だった僕が
君と話してから 変われたんだ

あの日を背にしてここまで来た あれは君かな?

夢見て 歌うRock Starは今 こんなに輝くStageで
終わりはないんだ!って叫ぶ まだ進めるはずの未来へ We just go

足りないものは 埋め合おうだなんて
甘えてた僕らなんか Say good bye

何かに当てはめては 剥がれた
薄っぺらい期待に 溺れたまま

そのプライドの深さに 君は いつか沈むのか?

おどけて 歌うRock Starはもう あの日と違うStageの上へ
怯えた笑顔が皮肉で 壊れそうなその夢の中へ He just goes

明日も明後日も 同じLoop 思い出すのは幼い僕と
憧れた勇敢な君の Everyday

歌うRock Starは今 あの日の輝くStageの上へ
いつかは 忘れてゆくだろう それでもただ進んでく未来へ
容赦なく進んでく未来へ このまま進んでくEveryday We just go
It’s gonna be OK?

——————————————————————————————————

forever we can make it!

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

恋する乙女達の 視線飛び交う「It’s so cute!」
シャイだし背も低い彼に 私達 夢中
雑誌の恋愛コーナー「引くタイミングが大事」 呑気でいいわ

留守電の声のトーン 2割増しにしたけど
コールバック待つ時間は 体感速度緩め
永遠に続くトンネルなら 今すぐUターン 無駄な抵抗ね

人の心に覗き穴が付いてたら どんなにいいだろう
誰かに取られる夢まで見ちゃうほど 不安にもなるけどね
積み上げてきた あなたへの想い
海に落っこちても また見つけ出せるって言えるから!

最高のチャンスnow is the time 見逃さないonly once
ケガ恐れていないで forever we can make it!

長期戦は苦手だった 例外の相手「So fight!」
本来 好みじゃないのに 彼の笑顔は魔性ね
「愛されるより 愛したい」大人ぶったセリフ 未使用のまんま

あなたの好きなものは全部 リサーチ済みのはずでも
空き部屋だらけの心が欲しがるのは ひとつだけ
追い掛けてきた あなたへの想い
真空パックに詰めて届けたいけど いつ空いてるのかな?

最高のチャンスnow is the time 見逃さないonly once
ケガ恐れていないで forever we can make it!

頭じゃなくて心が恋をする!

単純で肝心なこと やっと見付けしたんだ!
傷付いたっていいじゃないso we are never give up!
最高のチャンスnow is the time 見逃さないonly once
後悔なんてしたくないでしょ forever we can make it!

——————————————————————————————————

Drive

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

あなた追い越し さらにアクセル踏み バックミラーで -愛- 確認
恋をすると いつも少しだけ 意地悪がしたくなるのは なぜ?
すぐ追いつかれそう!

アスファルトに立った 無意味な要求 確かなfeelingこそ 守るべき標識

いつかあなたとふたり 誰にも邪魔されずに Driveしよう
遠くでも近くでもいいよ あなたとならどこでも 素敵

アクセル踏めば スピード加速して 高鳴る想い でも要注意
恋をすると いつも無茶をして いつの間にか傷が増えてるわ
もう懲り懲りよ!

どんな痛みだって まつげ濡らして
メイク落ちして そしたらまた笑えるから

いつもあなたのとなり 私だけのために 空けておいてね
大好きなあの曲 聴きながら どこまでも止まらずに 走ろう

「愛する」なんて 未知なる感情 恋する動機? 楽しみたいだけ!

いつかあなたとふたり 誰にも邪魔されずに Driveしよう
遠くでも 近くでもいいよ あなたとなら どこでも!
いつもあなたのとなり 私だけのために 空けておいてね
大好きなあの曲を 聴きながら 口ずさみながら
どこまでも 走ろう

——————————————————————————————————

Fly Away

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

good night Days, good old Days
帰らないと誓った日から 眠らせた記憶
ah knock on the Days, good old Days
会いたくなるなんて 悔しかった 強がってたのね
続いてくUp and Down ここでそっと寄り道 see you again

あの坂を登ったら見える景色 夏のdrive 好きだった
風の匂いもBGMも 全てが 今も記憶の中

駆け出した坂道で 錆びた「closed」越え fly away

good night Days, good old Days
帰らないと誓った日から 眠らせた記憶
ah knock on the Days, good old Days
会いたくなるなんて 悔しかった 強がってたのね
ここに立てば見える 夢描いた青いキャンバス see you again

憧れの場所 戦場という真実 コワい顔ばかりなの
オブジェみたいに高層ビル囲む木が 「仕方ない」って笑った

飛び出したあの街は あったかい記憶のままかなぁ?

good night Days, good old Days
帰らないと誓った日から 眠らせた記憶
ah knock on the Days, good old Days
会いたくなるなんて 悔しかった 強がってたのね
続いてくUp and Down ここでそっと寄り道

たったひとつ 希望だけ詰め込んできたバッグ
それだけじゃ足りないってこと知ったの
重たくなって倒れたって
離さないのは あの日…

good night Days, good old Days
飛びたいと願った日から 強くなる約束

good night Days, good old Days
帰らないと誓った日から 眠らせた記憶
ah knock on the Days, good old Days
会いたくなるなんて 悔しかった 強がってたけど
また坂を登り 夢描こう青いキャンバス see you again
続いてくUp and Down ここでそっと寄り道 see you again

——————————————————————————————————

I’ll be back

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

走ってく 人混みを掻き分けて 急がなきゃ会えない あの人に
それなのに スレ違う車の脇 ぶつかったのは泣き顔 飛び出した少年

小さな未来と引き換えに 時計の針 あの人を連れてったんだ

I’ll go back, I’ll go back もしも時巻き戻せるなら
Other way, Other way 選べる?
I’ll be back, I’ll be back 少年は泣くことさえできずに
Other way, Other way あの場所で…
誰もが誰かの運命を握ってる

旅立つ飛行機 あの人を乗せ 遠くへ行ったけど 泣かないわ
「あなたのおかけで助かった」と 少年を抱く母よ 離さないで ずっと

会いたい ならば会いに行こう 時計の針 眺めてる暇はない

I’ll go back, I’ll go back もしも時巻き戻せるなら
Other way, Other way バカらしい
I’ll be back, I’ll be back 起こるべくして起こるもの
Other way, Other way あの時も…
私は私の運命を握ってる

I’ll go back, I’ll go back もしも時巻き戻せるなら
Other way, Other way 選べる?
I’ll be back, I’ll be back 起こるべくして起こるもの
Other way, Other way あの時も…
誰もが誰かの運命を
私は私の運命を握ってる

——————————————————————————————————

The LAST DAY

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

汚れたしぶきで足元濡れても あなたから逃げるのに必死だった
カフェの窓際 繋いだ指先 友達同士あんなコトしないよね?

頭ん中では ドラマみたいに水をかける反撃のシーン 流れるのに

愛情 奪われた欠片どこへ? 何度使い回すつもりなの?
彼女は何人目? Oh, 1 and 2 and 3 and… 5?
我慢強いとこが売りだった 欠点は妥協美化する癖
あなたの目を見て 正当な審判を下さなきゃ

冷たくなった手を握り締めたら あなたとお揃いのリング痛かった
ショーウィンドー越しに ふたりの未来が
待ってるように思えたんだよ?ねぇ…

悪いのはどっちか いつも自分のせいにしては
解決したフリをしてきたの

本音 隠し場所は夢の中 泣いた痕に気付くわけもなく
本日で何回目? Oh, 1 and 2 and 3 and… 5?
愛想が良いとこが売りだった 欠点は仮面のコレクター
あなたの目を見て 最後審判を下さなきゃ

頭ん中では ドラマみたいに雨に打たれ泣いていた 昨日までの私

愛情 奪われた欠片どこへ? 何度使い回すつもりなの?
私は何人目? Oh, 1 and 2 and 3 and… 5?
本音 隠し場所はもういらない 逃げるなんて反則だから
本日で最終回 Oh, 1 and 2 and 3 and… fine!
最後にひとつだけ聞かせてよ リングに書いてあるこの言葉
真実だったのならいいの I can say good-bye!
判決を今 ぶつけに行くわ 満場一致であなたの負けと
真っすぐに目を見て 最後の審判を下さなきゃ

——————————————————————————————————

babycar

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

君はそのつぶらな瞳で スレ違う人の魔法かけてく
神様は言う 「Oh baby 君は傑作だ」

例えば 眉間にシワを寄せている人や 乱暴に歩く人も
どんな人でも とびきりの笑顔魅する そんな魔法
街角ですれ違う場合 目眩に注意

ケラケラと高らかに笑えば 私はKnock out 君に首ったけ

例えば 眉間にシワを寄せている人や 乱暴に歩く人も
どんな人でも とびきりの笑顔魅する そんな魔法
街角ですれ違う場合 目眩に注意

——————————————————————————————————

My Life

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

もういないあの人の 歌声流れる度 噂した
誰もが羨ましく思うくらいの 成功を手に入れた その先に見えたのは

広いだけの世界だったんだって

旅立つ時に 見下ろした世界を誇れるように 確かめ合いながらでいい
いつかのその時まで 私達 生きていくから

今でも優しく 響き続けてるのに 寂しいよ
こんなにあなたのこと想う人がいることを
知らせる術 私には見付からない

涙乾くまであとどれくらい…?

旅立つ時に 見下ろした世界を誇れるように 確かめ合いながらでいい
いつかのその時まで 私達 生きていくから

よく晴れた日が続くと 青く澄み切った空が広がって
なんだかこの世界中に 笑顔だけが存在してるみたいだね

旅立つ時に 見下ろした世界を誇れるように 確かめ合いながらでいい
その時が来るまでに 辿り着けるのかなぁ
ずっと あの歌声に込められている真実は 闇の中でも
笑顔で旅立ったと 思うことできる日は来る

This is my life

——————————————————————————————————

Humming Bird

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

いつだっけなぁ? 小さいCageでうずくまった 私の手 連れ出してくれた
「ひとりじゃない」 それなりの居心地で 自分騙してみたい

Lalala…って奏でたら
風にまかせて 飛んでいこう

I love you too 照れクサい言葉ほど
Like everyday 歌いたいのは
I love you too あなたへのこの想い 飾りで 隠したくないから
just like my voice

どんな声? あなたに出会う瞬間(ときまで 自分自身 耳を塞いでた
「いっせーの!」で集まった音符達が 私を踊らせるの

Lalala…って聴こえたら
小鳥も一緒に 歌声

I love you too 照れクサい言葉ほど
Like everyday 歌いたいのは
I love you too あなたへのこの想い 飾りで 隠したくないから
just like my voice

Lalala…って奏でたら
風にまかせて 飛んでいこう

I love you too 照れクサい言葉ほど
Like everyday 歌いたいのは
I love you too あなたへのこの想い 飾りで 隠したくないから
I love you too 照れることなんてない
Like everyday 歌に乗せて
I love you too 派手な飾りなんて 頼らないで 雲ひとつない空…
just like my voice

——————————————————————————————————

Wonderland

歌手: THYME
作詩: thyme
作曲: 清水哲平

まだ似合ってないスーツ パジャマにしてイビキかいてちゃ
つぶれた休日のこと 怒る気なんてなくなるじゃない

夢の中でも仕事の話? 呆れちゃう

Let’s go to wonderland
情熱を浴びて咲く 花の色で描かれた 地平線
いつの日か見せてよね がむしゃらなあなただけの 世界地図で
鮮やかな景色が目に浮かぶのよ I really can see it so brilliantly

ようやくスーツ姿 様になってきた頃に
「やり方が古いんだ!」って珍しく愚痴をこぼすから

明日の休日もあげるわ 話聞くよ

Let’s go to wonderland
情熱を浴びて咲く 花の色で描かれた 地平線
滲んで見えなくても 強がりなあなただけの 世界地図は
時代になんて流されるはずないよね I still can see it so clear view

「子供の頃夢見てたパイロットの姿とは遥かに違うけれど
今の僕を見たらあの頃の僕は味方する?
まだまだ作文に書いてもらえる程カッコ良くないけれど
いつの日にか…」
What are you gonna do?

新しい月曜日の朝日は 明るくて
また今日も 1歩踏み出す勇気をくれたんだね

Let’s go to wonderland
情熱を浴びて咲く 花の色で描かれた 地平線
いつの日か見せてよね がむしゃらなあなただけの 世界地図で
鮮やかな景色が目に浮かぶのよ yeah just we are understanding
新しい花が咲く 情熱を注ぐほど より鮮やかに
いつの日か見せてあげる 傍にいるわたしの手にも 世界地図
憧れの景色が目に浮かぶのよ I really can see it so brilliantly

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :