Hakanaku mo Eikyu no KANASHI (Kanji)


儚くも永久のカナシ (Hakanaku mo Eikyu no KANASHI)

歌手: UVERworld
作詞: TAKUYA∞
作曲: 克哉・TAKUYA∞

愛が愛を「重過ぎる」って理解を拒み
憎しみに 変わっていく前に…

何もかもそうだろ?
バツの悪い事情にはいつも蓋して 食わせ物のリアル
歪んだジレンマ時代で
約束したはずの二人さえ 気付かず通り過ぎて行く

壊しあって 解り合ってたことも
置き去りにした
これが成れの果てなの?
認めないで 立ち向かったときも
落ちて行く時のイメージから逃げ出せずに

Ah 何度でも探し出すよ
君の目 その手の温もりを

何もかもそうだろ?
バツの悪い事情にはいつも蓋して 食わせ物のリアル
歪んだジレンマ時代で
約束したはずの二人さえ 気付かず通り過ぎて行く

いなくたって変わりはしない街は
僕の救いを求めやしないだろう
まともな奴に成りすまして
誰もが崩れそうな結晶の中で

Ah 何度も嘘を重ねるから

愛はいつも私を傷つけるだけ…って君はつぶやいて
信じる事が怖くて泣いたんだろ
弱さを知って強くなれ 恐れず信じることで
憎しみに変わる前の 本当の愛を知るのだろう

欲しがってたものは
心がない 作られた こんな世界じゃないんだよ
見てられない 理由の欠片もない日々
卑しさが宿ってた 映し疲れた瞳に

心を癒す嘘 それもありなんて
でも心を奪うのが嘘だろう

愛に近づこうとも 噛み付かれるだけ…って僕はつぶやいて
信じる事をやめて生きてきたんだよ
絶望食らって立っても あきれるほどの思いで
儚い命 しがみついていきゃいい

欲しがってたものは
心がない 作られた こんなもんじゃないんだよ

この街で失った愛
その意味探せば
少しマシになって進めるだろう

——————————————————————————————————

体温 (Taion)

歌手: UVERworld
作詞: TAKUYA∞
作曲: TAKUYA∞

昨日は何してたの? 心配するじゃん 電話出ないし
うつむく君を見たら すぐに何を言おうとしてるか 気付いたんだ

「何一つ形の無い見えないものは愛なんかじゃないって
馬鹿げてるわね」 なんて君は本当に思うのかい?
それなら どうして君は泣いてるの?
最後の優しさに触れる

「サヨナラ」を言わせないように くちづけで君の言葉閉ざしたんだ
何故なんだよ? 言葉以上に 唇から伝わる体温

仕事とはまだ呼べないけど
今日もギターを持ってJazz Barで歌わせてもらっている
君から貰ったスニーカーは ちょっと磨り減ってきたけど
その分履きなれた

「何一つ先の見えない関係に愛想が尽きた」って
夢じゃないかと 悲しすぎて僕は笑う

現実なんかより 夢を食べて生きる僕と
理想どおりじゃないと生きられない君じゃ
悲しい程にずれていった価値観が 君を悩ませた そりゃそうだけど…

「サヨナラ」のその一言だけで 消えてしまう程ちっぽけな愛だったんだ
追いかけようとしたけど 現実は腹が減るから
磨り減ったスニーカーで 僕は夢の中へとまた戻る…

確かにあったでしょ? 目には見えないけど
大きなカバンでも入りきらない位の
好きなレコードや 待ち遠しい季節が
ただ一緒なだけで笑えてたじゃん

何もかも見えないからこそ 愛の本質が見えてくるんじゃないか?
分からなくなるよ… 綺麗事を抜いたら
何が一番大切かは言えやしないけど

「サヨナラ」のその一言だけで
消せてしまう事なんて一つも無かったんだ
これも違うのかい? 離れようとはしない
唇に残ってる 形の無い 見えない体温

——————————————————————————————————

ハルジオン (Harujion)

歌手: UVERworld
作詞: TAKUYA∞
作曲: 彰・TAKUYA∞

今日は一人で歩く そうやって好きに生きてきた
仲間の内の何人かは 空に居るから 俺は上を向いて歩く
新しい命 旅立つ命 止まること出来ぬ毎日で必要な別れも

Ah くだらぬ物に執着 そこはなんら変わりは無い
犬も喰わない 個性むき出し 絵にならぬその態度も 良いね

出逢うか逢わないかは 人の数だけの確率の地図上で重なる

新しい命 旅立つ命 大切な仲間とも 本当の別れも時に必要だから
明日何が起こるなんて 分からないから見たいんだ
仲間たちと好きに生きた日々のまんまで

今年も恒例の正月に集まろうぜ ガキみたいに
ドキッとしたアイツの言葉 忘れられないこの一言
「毎日が楽しいなんて、毎日楽しくないのと同じ」

間違った事もやって ボロボロだったあの日々が
今思えば 俺たちの全てだったよな
仲間の内の何人かは あの空に居るから 俺は上を向いて歩いて行く

今日は一人で歩く そうやって好きに生きてきた
一人で生まれ一人で死ぬ ただの葦などと 俺は信じたくはない

それぞれが抱えてる 大抵の問題なんて
一言では言えない事ばかりだから
間違った事もやって ボロボロだったあの日々も 今思い起こせば

新しい記憶 古い記憶 止まることの無い毎日で
忘れていく事ほど寂しい事は無いから
仲間の内の何人かは あの空に居るから 俺は上を向いて歩いて行く

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :