Broken Youth (Kanji)


Broken Youth

歌手: NICO Touches the Walls
作詞: 光村龍哉
作曲: 光村龍哉

イージーな理由 一切許す 若輩
レスキュー隊も呼んでおいた
だから プリーズキスミー プリーズキスミー
ALNIGHT

右目蓋の傷が痛いんだ アイツ憶えてろ
先手必勝 あれ以来
単細胞なお前は何ら変わっちゃいないんだな

堕天使の魔法か 小悪魔のちゃちなイタズラ
つまんなくなっちゃう前に

そおれで放れ ボウリングボール
器物破損罪など承知
それでも 壊れそうで壊せない
なんか元通り

最終的に全てはありふれていく
先生 あんた裏切りもんだ
今すぐ プリーズキスミー プリーズキスミー
ALNIGHT

空っぽな理想も 紛い物な愛もいいや
全てがバカバカしいって笑えりゃ

少年の向こうへ もがいても
異物な存在だろ 承知
どうせ 破れそうで破けない
僕らのストーリー

そんなの承知

堕天使の魔法か 小悪魔のちゃちなイタズラ
仕掛けろ 今すぐに
空っぽな理想も 紛い物な愛もいいや
全てはバカバカしいシーンだ

そおれで放れ ボウリングボール
器物破損罪など承知ノスケ
壊れそうで
そんな力任せのプライドも 甘い日々の代償も
越えていけそうで
とっちらかった感情で切り開けよ
壊れそうで
壊せない 僕らの勝利

——————————————————————————————————

夏の雪 (Natsu no Yuki)

歌手: NICO Touches the Walls
作詞: 光村龍哉
作曲: 光村龍哉

また君はどこかで鳴いてる蝉を
体についたかのように
怖がってた

仕方ないから雪を降らせましょう
また明日 太陽の下で愛しあうため

夏だけだった 君だけなんだ
甘い恋で見慣れたエピソード
できるなら終わりなく

今 シャラララ…
雪が シャラララ…
今 シャラララ…
雪が シャラララ…

いきあたりばったりただ泣いてる君の
好きなフローズンマルガリータ
二人で飲もう

計画通りの君の笑顔でも
幸せは空いたグラスに
なみなみになって

夏だけだった 君だけなんだ
かなり昔からのエピソード
出来るなら終わりなく

今 シャラララ…
二人は シャラララ…
今 シャラララ…
二人は シャラララ…

夏は太陽に 冬は雪に 身を委ね
今宵は夏の雪を降らせよう

また君はどこかで鳴いてる蝉を
体についたかのように…

今 シャラララ…
雪が シャラララ…
今 シャラララ…
雪が シャラララ…

今 シャラララ…
二人は シャラララ…
今 シャラララ…
二人は シャラララ…

——————————————————————————————————

GUERNICA

歌手: NICO Touches the Walls
作詞: 光村龍哉
作曲: 光村龍哉

相性 優劣 善悪 よう注意せな
六角レンチ持った 父母の群れ
「おい そこゆずれ」「ゆずらん」電車内
毎度窮屈なRADIO体操 うえ、した、よこ、うえ
夏祭り 君の夢 高らかに歌い上げる
夏霞み 君の腕 高らかに拾い上げる
いま この身を許せ
この身を許せ この身を許せ
相性 優劣 善悪 よう注意せな
六角レンチ持った 父母の群れ

「おい そこゆずれ」「ゆずらん」電車内
毎度窮屈なRADIO体操です
相性 優劣 善悪 よう注意せな
六角レンチ持った 父母の群れ した、よこ、うえ
夏祭り 君の夢 高らかに歌い上げる
夏霞み 君の腕 高らかに拾い上げる
いま この目をつぶせ
この目をつぶせ この目を潰せ

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :