A beautiful greed (Kanji)


±0

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

He linked up particles and he made the world
At first he thought he didn’t need to have a moon

‘Coz the night was so dark
He asked the moon to shine upon us

‘Coz things come out at night
He asked the moon to watch over all of us

So why is it that the world does not work out?
We’ve been thirsty forever
Give me something
So why is it that the world does not work out?
We’ve been hungry forever
Give me something

We felt cold so he made the sun burn hot
But we were not warmed to the depths of our hearts
So he made the sun grow and grow on and on
on the last day(the last day)everything melted away

So why is it that the world does not work out?
We’ve been thirsty forever
Give me something
So why is it that the world does not work out?
We’ve been hungry forever
Give me something

He made the moon and the sun and the star-studded sky
He made us He made us He made us and this world

We were not satisfied
We were not satisfied
We were not satisfied
We lost everything

——————————————————————————————————

CARVE WITH THE SENSE

作詩: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

月の影に隠れて
何億の真実を 誰に語ろう?

抱えたまま 想像の果てへ
重ねた声 何処かへ消えて
抱えたまま 虚像の果てへ
重ねた声 何処まで響く?

Carve with the sense
鼓動に託す日々の中で
孤高に浮かぶ月が満ちる
其処に懸けたなら
消え逝く前に

淡い夢の中で生きて
鼓動は消えて何に変わる?

Carve with the sense
鼓動に託す日々の中で
此処に生きる意味抱えて
許されぬならば
消え逝く前に

抱えた夢の中に浮かぶ
透明な真実の日々を

Carve with the sense
鼓動に託す日々の中で
孤高に浮かぶ月が満ちる
其処に懸けたなら
消え逝く前に

Carve with the sense
時の流れに消えて行く
無情の声が響き渡る
満たされぬならば
消え逝く前に

——————————————————————————————————

Who are you?

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

When I called your name, the world began
Shining on eternally

I noticed the sound and heard a voice
And I was saved many times

Crystallized, we were as one
We wandered and met again
All this time, all these things were written for a billion years

Tell me about yourself
Because the world will be over
Tell me about yourself
Because the truth can’t be found

There were many wars, sparks they danced
We pretended not to see

We were too ignorant and too powerless

Tell me about your song
Tell me about your star
Tell me about your sins
Tell me about your name
Tell me about yourself
Hurry

——————————————————————————————————

Under the rain

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

朝焼けの一秒前に見上げた
滲んだ星を思い出す度

心の奥に隠してきた
貴方の声が

離さないように 繋いだメロディー
流星の風に吹かれながら

追い掛けていた 美しかった
夜の果てに消えた

Why did you say goodbye?
I broke down under the rain.
Why did you say goodbye?
I broke down under the rain.
Why did you say goodbye?
It’d wash away my stinging pain.
I still can’t be free from this place.
Trees and wind stand still in this rain.

綺麗だった白い銀河
追い掛けて手を伸ばしても
届かなかった 音も無かった
全てが儚く思えて

貴方がいて 笑ってくれて
それだけで心が満たされて

そして幻に消えて

Why did you say goodbye?
I broke down under the rain.
Why did you say goodbye?
I broke down under the rain.
Why did you say goodbye?
It’d wash away my stinging pain.
I still can’t be free from this place.
Trees and wind stand still in this rain.

無くした小さなメロディー
夜空に響いて

You taught that things disappear entirely.
And things stay in the heart entirely.
You taught that to me in this rain.

Why did you say goodbye?
I broke down under the rain.
Why did you say goodbye?
I broke down under the rain.
Why did you say goodbye?
It’d wash away my stinging pain.
I still can’t be free from this place.
Trees and wind stand still in this rain.

——————————————————————————————————

ファンタジア (FANTASIA)

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

鮮やかな森の足音が響く
月の頭をした孤独な老人は歌う

「後少しで、、 全てが終わる」

重なり合った葉から 虹色の音がヒラヒラ舞った

Why do you know everything?
I wander in a deep dream

Why do you know everything?
I don’t even know my name

神様は僕らに一つのクイズを出す
「あの日、青い星が消えたのは何故?」

機械仕掛けの太陽はカタカタ沈む
ブラックホールに落とした夜を繋ぐんだ

I don’t know my name

Call my name
Call my name
Call my name
Call my name

——————————————————————————————————

星のひとひら (Hoshi no Hitohira)

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

例えば今日の一日が全て嘘だったとしても
別にかまいはしないだろう 僕らは失ってばかりだ

確かめ合った現実を 消えてしまわないように僕ら
いつかの街の片隅で 小さな真実を抱きしめた

誰かの声が聞きたくて 街の明かりは眩しすぎて
僕らは目を閉じたまま 互いにすれ違って笑う

遥かなる時の流れに 深い夜の本当の闇に
僕らは目を開けずに 全て嘘になれば、と願う

輝く星から 届いたひとひら
重ねて集めれば 心に変わるのかな?

誰でも夜の淋しさを 埋める物が見つからなくて
涙が溢れるまで 嘘で埋め尽くしてゆくのだろう

確かめ合った現実を 消えてしまった真実達を
思い出させて欲しい 君がくれた本当の声で

輝く星から 届いたひとひら
重ねて集めれば 心に変わるのかな?

いつかはきっとこの空に消えてゆく
いつかは誰もこの空に消えてゆく
遥かな宇宙の調べに溶けてゆく
いつかはきっと消えるから 今日だけは、、、

——————————————————————————————————

HUM

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

A tiny flap
The world turns inside out
I fade away
The world still goes on

The scenes are so beautiful
How beautiful

——————————————————————————————————

Bright & Right

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

太陽の雫に濡れた
輝く金色の木々
凪いだ海に 反射したのは
いつの間にか 途切れたメロディー

忘れてゆく事に慣れた
僕らは気付かないまま
見上げた空のその正しさに
泣いていたのは本当の君

重ねた言葉は?

時流れ 夕暮れに染まれ
今は風の中 遠く舞い上がれ

How do you feel about the sound?
It resembles a light
Everything will turn bright
Everything will be all right

太陽の季節に触れた
僕らは気付かないまま
遠く滲む 夕暮れに似てた
夢の狭間に置いてきたまま

彼方に過ぎ行く 遠き日の声は
移ろう季節に答えて
流れの中に消えて行かぬように
そのままの君を描いて

重ねた言葉は?

いつの間にか忘れた景色 エメラルドの空ヘ
流れ流れ往け 土と共に生き
夕暮れに染まり 風の中で舞い
繋ぐ輪の中ヘ

——————————————————————————————————

I stand free

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

愛を無くした人が笑った
どんな言葉も消えてゆきそうで

愛を探しに 愛をメロディーに
時代は流れて 世界を変えてゆく

太陽の歌 答えに抱かれて
草木は揺れ 答えに誘われ
瞬きの日々で

I stand free
光を受け
I stand free
今を受け
探していた日々の朝に陽は昇り
世界は色づき始める

晴れた日の午後 君のその姿に
どんな言葉も素晴らしくて

風に舞った 答えに導かれ
手を翳した

I stand free
光を受け
I stand free
今を受け
いくつもの命に生かされ
与えて 奪い合って
悲しみを数えて
光と闇に舞って
生まれてまた消えて

今は染まれ
世界の夢に染まれ
美しき星の声 追いかけて
心を焦がして

I stand free
光を受け
I stand free
今を受け
探していた日々の朝に陽は昇り
I stand free
光を受け
And I’m standing in this free world.
And I’m feeling this world beating.
Nobody knows the world’s end at all.
Nobody plays this beautiful world.

——————————————————————————————————

OVER

作詞: 大木伸夫
作曲: ACIDMAN

嗚呼 透明なカケラを追いかけてゆくように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って

過ぎ去る日々の中で
出会いと別れを繰り返し

いくつも罪を数えて
それでも夢を求めて

瞬きの日々と 通り過ぎゆく時の足音に
気付かない振りをしていた
それでも この星は時を告げた

離れた心がまた一つになるように
太陽は最後に全てを溶かすだろう

そうやって混ざり合えれば 悲しみの歌は消えてゆくのだろう
そうやって一つになれば 小さな歌で満たされるのだろう

時は過ぎ また巡る 星達は輝いて
僕らは いつまでも
見上げた夜空に誓った

嗚呼 透明なカケラを追いかけてゆくように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って

繰り返す日々の中で 誰もが傷跡隠して
時に 心隠して 一人で泣いた夜があって

目を閉じて 心の奥に小さな、小さな歌を見つけて
そうやって人は悲しみを一歩ずつ乗り越えて行くのだろう

嗚呼、透明なカケラを追いかけてゆくように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って

誰もが一人で見上げた空はきっと きっと きっと
誰もが心に描いた空はきっと きっと きっと

たった一つを無くして
手にしたものは 何だろう?
たった一つの心に
足りないものは 何だろう?

夜空に浮かんだ小さなカケラは
遠くまで日々を照らす光になった

嗚呼、透明なカケラを追いかけてゆくように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って

嗚呼、時が過ぎ 最後の日 また出会えるように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :