Riff-rain (Kanji)


flow

作詞: 内村友美
作曲: school food punishment

泡のように 日々は消えていかない
ドアの向こうの気配を今日も期待する
明日のふりした昨日のことばが ようやく消えたのに
何をすれば君の全てを占めれるかばかり それだけを考えている

溢れる 君の声 渇くこの部屋で
水を探すように 君を呼んでいる
風待ち 密やかに 耳を研ぎ澄ます
水を探すように 君を呼んでいる

泡のように 日々は消えていかない
夜の向こうの気配を今日も期待する
昨日と同じ明日は来ないと わかりきっているのに
何をすれば君の全てを占めれるかばかり それだけを考えている

溢れる 君の声 渇くこの部屋で
水を探すように 君を呼んでいる
風待ち 密やかに 耳を研ぎ澄ます
水を探すように 君を呼んでいる

今さら 後ずさり かかとを鳴らして
水を探すように 君を呼んでいる

——————————————————————————————————

feedback

作詞: 内村友美
作曲: school food punishment

呼吸する手順 考え込んだ昨日
一時停止のボタンを探して
触れては戸惑う わずかな悪意さえ
捕らえて離せないよ 理不尽

全ては過ぎてく スタートライン
よぎっては捨ててく未来さ
読み違えて暴雨でもいいか
それなら手ぶらで跳ねるさ

割れてはじける 今変える 見てよ
ありのままでもうぶれないよ 隠し持ってる気流 おいで
決めて終われるくらい上等な意味を
立ち尽くしたって何も混ざらないよ
足踏みしてる気分 放って
晴れるわ 溢れるわ

びしょ濡れになって考えてた昨日
ばかばかしいことにためらって しかめ面
世界のせいにしてぼやいたって 未熟
足掻いてて変わったなら きっと飲み干せる

全ては過ぎてく スタートライン
よぎっては捨ててく未来さ
たまには晴れてよ お願い
乾いた体でいたいわ

割れてはじける 今変える 見てよ
ありのままでもうぶれないよ 隠し持ってる気流 おいで
決めて終われるくらい上等な意味を
立ち尽くしたって何も混ざらないよ
足踏みしてる気分 放って

晴れるわ 溢れるわ
晴れるわ 溢れるわ

——————————————————————————————————

egoist

作詞: 内村友美
作曲: school food punishment

君が耳を澄ましている
呼吸の歪みから些細な嘘まで抜き取ろうと
隙を見せたなら最後
糸がほつれてくように止まらない 夜

甘い相談 交わすコーラルフィッシュ
貼り付いたまぶたの向こうで
起こる改革 君には知らせない
利己的に泳ごう

赤から青に変えるような くだらないエゴイズムだ
朝から夜に変わるような しょうがないカーブ曲がる

君はいつだってそうさ
勝ちたいだけで好き放題言うのはやめてよ
価値観 押し付けて 僕の行く手阻んで 逃げてばっかり 汚い

甘い相談 交わすコーラルフィッシュ
貼り付いたまぶたの向こうで
起こる改革 君には知らせない
利己的に泳ごう

甘い相談 交わすコーラルフィッシュ
貼り付いたまぶたの向こうで
起こる改革 君には知らせない
利己的に泳ごう

赤から青に変えるような くだらないエゴイズムだ
朝から夜に変わるような しょうがないカーブ曲がる

赤から青に変えるような くだらないエゴイズムだ
朝から夜に変わるような しょうがないカーブ曲がる

金網の向こうに記憶を吐き出す
吐き出して なくして 目に見える否定から始めたい

金網の向こうに記憶を吐き出す
吐き出して なくして 目に見える否定から始めたい

君は僕の声に従って
ただ黙って反応すればいい
流れが今 大きく変わる

——————————————————————————————————

killer

作詞: 内村友美
作曲: school food punishment

干からびて 剥がれないで ドライブ
嘘つきのままじゃ終われないよ
行き交わす全ての警報
鳴り響くまではいられないよ

切れたような手触りの夜 ライセンス
暮れたなら絶景 濃厚なハイ
君ならばすぐに解けるなんて
悔しくって夜も眠れないよ

killer 今はただ闇に紛れてちょうだい
夜毎の相槌をエンドレスにするなら
優劣 競うような求愛
フォークで突き刺す油断
磁石のように離れて ジ エンド

雨の後 別れ際 サバイブ
読み通り 曲がり角で渋滞
僕だけが罠にはまるなんて
寂しくって とても耐えれないよ

killer 今はただ闇に紛れてちょうだい
夜毎の相槌をエンドレスにするなら
優劣 競うような求愛
フォークで突き刺す油断
磁石のように離れて ジ エンド

killer 今はただ闇に紛れてちょうだい
夜毎の相槌をエンドレスにするなら
優劣 競うような求愛
フォークで突き刺す油断
磁石のように離れて ジ エンド

——————————————————————————————————

二人海の底 (Futari Umi no Soko)

作詞: 内村友美
作曲: school food punishment

昨日 ほどいて みたら ほつれた
暗い海の表情 見ないままの猛獣

二人 見合う
群れになって 軌道に乗ってく 夢をみたりした

昨日 本を見て 無駄に 息巻いた
暮らし その通り 夕べのように沈み

二人 揺らぐ
途切れちゃって 記憶になって いつか は深く
二人 触れた
うまくいかない 型にはまって 今 海の底へ

飲み込んだフレーズまとめて吐きたい
朝には二人 空回り
本当に帰る? 疑問符を並べ
不埒な答えで まっすぐ海へ

二人 唄う
ハイになって 気泡になって 空だって飛んだ
二人 結ぶ
水になって 理想になって 吹き出して言えた

二人 歌唄う二人 奏でる二人
昼になって 一つになって 今 海の底

——————————————————————————————————

over

作詞: 内村友美
作曲: school food punishment

使い捨てていきたいよ
鳴り止まない昨日 答えから 逃げた
君がしたように消えたいよ
歪んだは戻る 未練のような フラッシュバック

嫌い 誰でもなくて君が映り込んだこの視界が
今 わずかに掴んだ機会
転げ落ちるような日々の映像も

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :