FOG LAMP (Kanji)


04クラッカー(CRACKER)

作詞:出戸学
作曲:OGRE YOU ASSHOLE

二人は取り合い
次に懲りて
最後には黒いクラッカーを鳴らす

そこで止め合い
すぐに離れ
最後には黒いクラッカーを放す

もう行ってしまった二人に向けて
最後には黒いクラッカーを鳴らす

着いたとこで
まるで違い
離れた場所でクラッカーを鳴らす

つられた君も鳴らそうか
揺れれば音が浸すでしょ
つられた彼も鳴らすけど
祝えば音が鳴り過ぎで散らばる

次で降りて
二人は戻り
最後には黒いクラッカーを鳴らす

もう行ってしまった二人に向けて
離れた場所でクラッカーを鳴らす

つられた君も鳴らそうか
揺れればもとは一つでしょ
つられた彼も鳴らすけど
祝えば音が鳴り続け広がる

——————————————————————————————————

05フォグランプ(FOG LAMP)

作詞:出戸学
作曲:OGRE YOU ASSHOLE

身におぼえのない
あの ゆうべの地点で
間違えを知って 荷を降ろして帰る

ふざけないのは
楽しみを床に詰めてく
あの日を戻して
荷を降ろして逃げるの?

見かけないのは
目くらます人にまぎれる
かわりにかわって一回りする

配り終えてないから
霧が深くかかり
周りにかわって君は戻るの?

手も目にも返事がないとしても
彼は受け取らないだろう
でも誰も気にもとめないよ
通り過ぎた日のこと内緒なんだ

引き延ばしたように
ゆるく日が続き
繋げたなら
終わりは終わりってことかい?

行けば嘘に会うけど
あれは違いを無くそうとして
彼は嘘に慣れたからには
期待を隠そうと決める

——————————————————————————————————

04箱(Hako)

作詞:出戸学
作曲:OGRE YOU ASSHOLE

底がぬけて
ふたも無い箱に
注ぎ込んだ
実体の無い彼ごと霞む
前後無いような辺りを見渡す
変更無くじっと待つ
くたびれた

背伸びで君こぼして
詰め込まれてるのは嫌で
迷いながら進む
霧の奥にはもう帰りがいない

外埋もれて膝まで浸し
誰も彼を拭くことは
出来ずにじっと待つ
彼の池の底辺りを見渡す
誰もいない街で
くたびれた

背伸びで君をこして
動けなくなるのは嫌で
あきあきして進む
霧の奥にはもう帰りがいない

——————————————————————————————————

05ステージ(STAGE)

作詞:出戸学
作曲:OGRE YOU ASSHOLE

歌にまた担がれた人
揺れにまかせて去るの?
腕を組んで見渡したけど
見つける事はもう無くて

しぼんだ街の決めた事には
しがみついて身を包まれたって
見逃して浮かぶ構想
見つけられても
気がついて浮かぶ事
見あたらないよ

目に入る事が
何でも無いようでも
振り返る事で
無い言葉をまいた
散らかる問いは
何でも無いもので
繋がる問いになるように
輪を描いたんだ

憶えてないと
また彼は
積換えれる身をもつ
逃げた模様探したくなれば
しがみついた手放して

行けば先に崩れる回答
決めたはずの行方を待ってたって

見逃して浮かぶ事
見つけられても
気がついて浮かぶ構想
見あたらないのかい?

目に入る事が
何でも無いようでも
振り返る事で
無い言葉をまいた
散らかる問いは
何でも無いもので
繋がる問いになるように
輪を描いたんだ

——————————————————————————————————

04ヘッドライト(HEADLIGHT)

作詞:出戸学
作曲:OGRE YOU ASSHOLE

憶えた事捨てに
さまよって回るの?
落とされたいたずらに
この先はたくそう

どうも慣れないなずっと
そっと誰かが宙で回るのを
その横で観ていた

詰め込まれた足取りで
あそこには行くなと
憶えた事捨てて
たどればわかるよ

とうに慣れたはずが
そっと去ったんだ
もう忘れないはずと
手に書いたが忘れた

ひたすら退屈とりあってるみたい
いたずら無い事が
長い事連なってるみたいだ

——————————————————————————————————

04レインコート(RAINCOAT)

作詞:出戸学
作曲:OGRE YOU ASSHOLE

丘登れる行き場の無い行動
行って戻れる?
この先は何で渡るの?

とおせんぼしてもどり
どこ行きたいの
風景なしで過ごし
揺れときたいので

夕暮れ脱走あれ以来さ
坂は夜みたいだ
続けば行こう
慣れない流れに身をおいて

競争して転び
遠目で見たいの?
それ見て踊るアンカーの子

夕暮れ脱走あれ以来さ
彼は夜で降りた
進めば行こう
慣れない流れに身をおいて

丘登れる行き場の無い行動
行って戻れる?
この先は何で渡るの?

その目に揺れる間際にわかるでしょ
不規則な雨はレインコートごと彼と跳ねる

——————————————————————————————————

04ワイパー(WIPER)

作詞:出戸学
作曲:OGRE YOU ASSHOLE

目印の跡たどれるかい
気づかなければそれまでさ

暗い森を通れるかい
眠っていればすぐ着くさ

場面をかえるワイパーで
めくるための動作でここを抜ける

近づいてくるあのレールを
そこで決めればそれまでさ

目印の跡集めると
気づくことには寝ているさ

場面をかえるワイパーで
めくるための動作でそこを抜けて

ならんだ二つは
こなれた動作で揺れて
外の風景をめくる

場面をかえるワイパーで
めくるための動作で

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :