Sweet Nest (Kanji)


me & my bird prince

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

There was a man called bird prince
He was so gentle and good-looking guy
We were together all the time and lived happily
until the evil man came to the town

There was a man called bird prince
He was so gentle and good-looking guy
We were together all the time and lived happily
until the evil man came to the town

There was a man called bird prince (Lalala)
He was so gentle and good-looking guy (Lalala)
We were together all the time and lived happily
until the evil man came to the town

Lalala Lalala Lalala Lalala
Lalala Lalala Lalala Lalala
Lalala Lalala Lalala Lalala
Lalala

There was a man called bird prince (Lalala)
He was so gentle and good-looking guy (Lalala)
We were together all the time and lived happily
until the evil man came to the town
evil man came to the town

——————————————————————————————————

closet

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

Where’s our memories?
full of happiness
I know it’s in my shoes box somewhere in my closet

Where’s our memories?
full of stupid lies?
I know it’s in my shoes box somewhere in my closet

put your tail between your legs, and be gone, gone!

There’s a deep forest in my closet with full of secrets
you’d better not to step into it
If you do it, If you do it, you’ll never get out of it

Some of smiling pics of cute little couples and a broken boom-box
when we had a fight
and the teared up letters with the secret codes
and the silver coins came far from here

put your tail between your legs, and be gone, gone!

There’s a deep forest in my closet with full of secrets
you’d better not to step into it
If you do it, If you do it, you’ll never get out of it

Some of smiling pics of cute little couples and a broken boom-box
when we had a fight

Where’s our memories gone?
full of happiness
I know where it is I know where it is

——————————————————————————————————

おいでよ (Oide yo)

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

家をたてよう青い屋根の家
大きな木のそば猫がすわってる
それできみの心をざわめかせるだってこれは
きみの心の中の話ねえいいでしょう

ずっと追い出そうとしてたのに
きみときたらどうなんだ

ここへおいでよ朝がくる前に
ひかりの中で何も見えなくなる前にいそいで

家の中に小さな明かり
いつもここが分かるように
それできみの心をすこしつつくだってこれは
いつかなくした石の欠片ねえいいでしょう

ずっと繋ぎとめていたいのに
きみは波の中でかくれんぼ

いっしょにゆこうよ世界が変わる前に
花の名前がぜんぶ同じになる前にいそいで
ここへおいでよ雨になる前に
きみを思うといつもうたが聴こえるから

ぼくの心の残ったものは石でできたつよいつよい家
ドアの前にきみの名前

ここへおいでよ朝がくる前に
ひかりの中で何も見えなくなる前にいそいで
ここへおいでよ雨になる前に
きみを思うといつもうたがうまれるから
思うだけならいいでしょう?

うちへおいで青い屋根の家
大きな木のそばいつも待ってる

——————————————————————————————————

me.ga.ne

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

あのこは おしゃべり
あたしの ことばを
いつもチェックして
赤ペンでなおしてゆく

そんなに いつでも
耳を とがらせて
きいてなくたって
耳もとで さけぶから

耳の奥鳴りひびく
君の声とりだして

ほんとうは苦手なんだ
どっちかなんて悩むこと
まちがいだってわかっても
まあいいやそんなもんなんだ
眠ってたきみの指先のせい
いつも曲がってるメガネのせい

あのこは ハクシキ
わたしの 計画を
いつも 数字に
かえて 満足 してる

そんなに いつでも
わたしの くせっけを
いつもチェックして
からませて 取れなくなって

ほんとうに好きなんだ
やっと見つけた気がするんだ
まちがいだってわかっても
まあいいやそんなもんなんだ
世界中のきれいなものを
空にはなそう風にのせて

瞳の奥 焼き付く
フラッシュライト
七色に光る太陽

——————————————————————————————————

classroom

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

ずっと考えてた 誰かのように
歌えたら ここにはいないって
耳を澄ましてごらん 何か起こりそう

さあ踊りましょう
机の上 立ち上がる
そこはいつものストーリー
手を伸ばす それで

指と指合わせたら
どこでだって リズムに乗って
廻れ廻れ キライになるまで!

ラララ ラララ ラララ ララララ
ラララ ラララ ラララ

私の一番大切のものは
夢見る時間と大好きな人

なんて事を思いながら ウトウトしてたら
宙を舞う 赤と白のchalks in the sky
瞼を 持ち上げてごらん
そこは眩しいくらいカオスな日常

(close your eyes and cast to spell,
then you count your fingers 1 2 3 4 5)

I am ready for a ride
靴を脱いで 見下ろせば
数えきれないストーリー 追いかけて、それで

指と指繋いだら
足を鳴らせ、追い出せgroomy
廻れ廻れ 世界の端っこで

ラララ ラララ ラララ ララララ
ラララ ラララ ラララ

廻れ廻れ 世界の端っこで

どこかに答えが隠れてるって
ずっと考えてた 教室のなか

——————————————————————————————————

summer

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

きみが今僕の声を聴く間にも
皆どこかむかっているの
それを思うと胸が痛いから
忘れたフリをしているの

きみのギターに少しjealous
ガラス窓の中の空
あっちからこっち動き回る
熱い砂足の裏

光降る季節
光降るあつい夏

I need a little space in my heart
to breathe and drink up what I see
You need a little space in your heart
to breathe and drink up what you hear

いま見える景色を飲み込んでみた

きみが今悲しい色を見ていても
皆どこかうかれてみせるだけ
ぼくはただ頬に汗がつたうのを
払うしか出来ないの
払うしか出来ない

光降る季節
光降るあつい夏

I need a little space in my heart
to breathe and drink up what I see
You need a little space in your heart
to breathe and drink up what you hear

——————————————————————————————————

帰り道 (Kaerimichi)

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

風のにおい 小鳥のおしゃべり
空のかたち ホシクズのおもいで
tu tu tu…

きみの写真 紙とペン
ぜんぶ一緒 かばんに詰め込む
tu tu tu…

動き出す いつもの景色
電車にのる旅に出る
大好きなうた 小指に結ぶ
嫌な事もうたにしてしまう

帰るのはあの家
大好きな道 手をつないで歩く
遠くなる ぼくの思い出
流れ星の通り 帰り道

長い坂道 あくびする もじゃもじゃ犬
回り道しても いつかは帰るよ
だから待ってて 僕を待ってて

帰るのはあの家
大好きな道 手をつないで歩く
流れ星の通り道 帰り道

——————————————————————————————————

デイジー (DAISY)

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: mito

いつものラジオから呼びかけるよ きみの歌
だれも知らないin the daisy garden そこで待ってる

独りぼっちこわいなら
並べ方を変えてごらん
そしたらほら動き出す
景色も回るよ

どきどきのフレーズと
ときどき青空で
ラララ アシオト ひびけ

雲の切れ間から聴こえてるよ きみの歌
海の向こうin the daisy garden覚えてる

悲しみない街探して
行ってしまったあの子
見つからなくてもいいんだ ただ歩きたいんだ

どきどきのフレーズと
ときどき雨音で
ラララ アシオト のこせ

いつものテレビからあふれてるよ ひかり粒
まぶたにのせたらI can see it now

黒も白も同じ数照らす
いつも太陽みたいに笑う人

きみの明日がちゃんと届くように
リボンを結ぶ、小さな箱
空気あな 宛て名紙

いつものテレビからあふれてるよ ひかり粒
まぶたにのせたらI can see it now

いつものラジオから聴こえてるよきみの歌
誰も知らない in the daisy garden
そこにいる

いつも耳をすましてんだ

——————————————————————————————————

だいすきなひと (Daisuki na Hito)

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

ほしの隅でだれかが笑った
きみはそれを音にする
文字にならない不思議なことを
あの子いまも信じてる

さよなら告げる順番を
最後でいいって伝えたら
涙ひとつこぼれてく
少しもつよくないみたい

プカリうかぶよなみだの海に

すこし髪を撫でてきみが笑う
今をずっと閉じ込めたいな

どこかの部屋のsosをきみは昨日夢に見た
文字に出来ないできごとなんて
きみはいつも気づかないの

プカリうかんだしあわせの空

いつも声を合わせうたいながら
伝えられたらいいなとねがう

みちびかれたふたり
ここからどこまでも

そっと頬にふれてきみが笑う
いまその手をつなぎたいな
きみはとても大好きな人

——————————————————————————————————

きみはジーニアス (Kimi wa GENIUS)

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

きみはジーニアス
きっとバレてる
左胸の奥 小さな傷も
視線のゆくえ 気になっている
眼がはなせないんだ きみはジーニアス

恋に落ちたあの人
何色のシューズを履くんだろ?
その耳のおくどんなミュージックリピートしてんだろ?

爪がのびるの待ってたんだ
ミルクのキャップとれなくって
もうずっと考えてるんだ
How can I make you step like click-click-clack

街はピンク&グリーン
色がついてく モノクロームから
まぶしくひかる
きみが見つめてる違う空の色も
知りたくてたまんない 淡いため息

耳の奥転がる石を
取り出してほしいんだ
もうずっと考えてるんだ
How can I sing ’bout love like a movie star

きみはジーニアス
街の中で
目が離せないんだ

周り何も見えなくなる
この気持ち どうにかしてジーニアス

——————————————————————————————————

ふれたら (Furetara)

歌手: コトリンゴ
作詞: Yuichi Ohata
作曲: mito

ふれたら そっと 消えてきそうな 小さな灯り ともして
少しずつ 強くなってく かわり移ろうこのこころ

薄いブルー 好きなインクの色
淡く揺れる 今の心の色
あれはきっといつかの私達
何を見ていたの

見つからなくて 線を書く
絵にもならない 線を書く
波の音がする

遠くで そっと 揺れてる 小さな灯り めざして
少しずつ 歩いてゆくの かわり移ろうこのこころ

愛と言葉 いつか はぐれて
カバンの底 濡らしていった
あれはきっといつかの私たち
今なら分かるの
ペンを走らせ 線を書く
絵にもならない 線を書く
夜の響きが
波の音がする
ララ、、、

まっさらな 雪踏むように ページの上 思いは走る
ほつれていた 線はつながる いま

あれから ずっと待ってたような 小さな灯りともして
忙しい この日々も きっと いつか 愛しくなるの

ふたりは きっと おんなじように 小さな灯りともして
少しずつ 強くなってく かわってゆくこのこころ
かわり移ろうこのこころ

——————————————————————————————————

to stanford

歌手: コトリンゴ
作詞: kotringo
作曲: kotringo

いつもの電車の中 きみをおもう
ここから見えるものすべてつながっていると感じる

お日様つつむカプセルの中
誰かの中にいる感じ

いつもの電車の中 きみをおもう
ここから見えるものすべて
どこへ続いてゆくんだろう

日だまりの中 思い出すのは
柔らかな声 耳をすぐる

雨の日も 風の日も いつも走り続ける
いつまでもここにいたい
土曜日の昼下がり

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :