River’s Edge (Kanji)


リバーズエッジ

作詞: Pockets of Demo
作曲: 野村陽一郎

ボクはいらない? でも、いてもいい?
誰かがどっちか選んでくれるだろう

きっとキミなら 白いスプレイで
震えるボクを 塗りつぶしてくれるだろう

ボクたちは人間によく似た生きもの
こんなに冷たい手と手をつなぎたい
もっと弱く もっと弱く生きてみてください
金色の雨が降ってる ボクたちはこの川のほとりで
裸足と裸足で笑った

どうして川を見たくなるんだろう
すみれの風が街へ渡る リバーズエッジ

みんなここに捨てに来るんだよ
錆びついた金網登ったら 月だった

ボクたちは人間によく似た生きもの
言葉をなくし 目と目を閉じたら
もっと暗い もっと暗い夜を走ろう
金色の蝶が飛んでる メッセージ描いてるみたいに
そう、キミもボクも空を見た

いつも
手を振った橋の上 遠くに朝が見える
藍色のこの街が優しかったね

ボクたちは人間によく似た生きもの
こんなに冷たい手と手をつなぎたい
もっと弱く もっと弱く生きてみてください
金色の雨が世界中に降ってる ボクたちはこの川のほとりで
裸足と裸足で笑った

——————————————————————————————————

Nowhere Cowboy

作詞: Pockets of Demo
作曲: 野村陽一郎

キッチンでばらまいてしまったコーンフレークを
片付けるついでに ちょっと窓開けてみたら…冷たい風だ
「愛」みたいに見えないものよりもマフラーがほしいのさ

「素敵な友達でいましょう」…こっちは問題はない
でもドアを閉めたならもう戻らないんでしょ?
食事をありがとう…嘘ついたよね
「さよなら」のとこだけ一番リアルさ

ああ、着陸不能なロケットを操縦中
涙は似合わないぜ カウボーイ
子猫とベランダで星空
ひらいてしまった飛び出す絵本みたいな場面Part 1

羊何匹目だったっけ 山羊になった
暗闇なれすぎて眠れない夜…ジャムを舐める
今すぐ誰かにキスできたなら…傷つかずにいれるよ

ロールシャッハテストからパラドクスまで
どんな本を見てみても釈然としないけど
再放送のドラマ そっくりなやつがなんかうまくやってる
よくあるフィクションさ

ああ、この荒野をひとりぼっち歩く
字幕はいらないぜ カウボーイ
無言の背中で語るさ
大好きな映画のラストの「さよなら」の場面Part 2

ああ、大海原ひとりぼっち泳ぐ
バタ足が憎いぜ カウボーイ
鮮魚コーナーで別れ話かい!?
主婦たちの冷たい視線浴びる救助信号な場面Part 3

ああ、着陸不能なロケットを操縦中
笑顔も似合わないぜカウボーイ
子猫はもう寝てしまったぜ
ひらいたままの飛び出す絵本みたいな場面で“The End”

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :