Soukoku/Doukoku (Kanji)


相剋 (Soukoku)

作詩: 瞬火
作曲: 瞬火

流転(るてん)の 果てにて 陵(おか)されたのは
禁忌(きんき)の 蜜月(みつげつ)
夫妻(おとめ)の 埋草(うめくさ) 二刀(にとう)の 蔭間(かげま)
殖(うま)ふは 末裔(すえ)の 殃禍(おうか)

「恨(うら)むことで 何を果たせるの」
惑(まど)う 聲(こえ)は 只(ただ) 遠(とお)く
良き こと 聞く
其の 願い 半(なか)ばで
頸(くび)よ 踊(おど)れ

下天(てん)の 流刑地(るけいち) 埋(うず)もれたのは
懺悔(ざんげ)の 沐浴(もくよく)
処女(おとめ)の 落胤(らくいん) 償(まど)いの 鬼子(おにご)
珠艶(しゅえん)に 生(お)い立(た)つ

「奪(うば)うことで 何を得られるの」
逆(さか)ふ 聲(こえ)は 只(ただ) 響(ひび)く

斧(よき) 琴(こと) 菊(きく)
此(こ)の 手に 還(かえ)るまで
縊(くび)り 嗤(わら)う

「恨(うら)むことで 何を果たせるの」
惑(まど)う 聲(こえ)は 未(ま)だ 遠(とお)く
憂(う)き こと 聞け
此(こ)の 黒い 呪(かしり)よ
冥府(やみ)に 沈(しず)め

――――――――――――――――――――――――――――――――――

慟哭 (Doukoku)

作詩: 瞬火
作曲: 瞬火

せめて あと一度(ひとたび) 最期(さいご)に 顔を見せて
別離(わかれ)を告げる台詞(ことば)は彼岸(ひがん)に 捨て逝(ゆ)く

責めて 狂愚(きょうぐ)の沙汰(さた) 歪んだ 愛の骸(むくろ)
我が身は 罪の 畳(たた)まり 泪は 嘘になる

雪よ 白く 深く 他人を皆 染めて
真黒に 爛(ただ)れるは 此の 手底(たなそこ) だけ

もう 汚さなくていいの
貴方の手には 取る可(べ)きものが 有るはず
もう 背負わなくていいの
渾(すべ)て 預けて 奈落への 道連れに

嗚呼(ああ) 虚空(そら)が 酷(ひど)く 蒼黒(あおぐろ)く見える
醜(みにく)き 此も身 引き裂(さ)きたい

決(け)して 私を 許さなくていいの
寧(むし)ろ 憎んで 生まれたことも 忘れて
もう 放(はな)さなくていいの
繋(つな)いで 其(そ)の手 松羅(しょうら)の契(ちぎ)りに

只 せめてもの 罪ほろぼし

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :