sou (Kanji)


造花が笑う (Zouka ga Warau)

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

味気ない花の色に染められた
あの人の眼には何が映るだろう

変わり始めてる青い鳥の声
音が揺れたとて誰が気付くか

God damn. I damn. そう 隠し続けてく
God bless. I bless. そう 進みゆく意味も
無く

遥か丘で 花が笑う
月明かり背にうつむく様を
おぼろげ夢夜 覚えているか?

絡み出す絹のリボンの様だと
深く眼をつむり君は何を知る

空を仰いでる霞み出す空を
此処じゃ鼻歌もモノクロに変わる

懐かしき日 あの暁
涙落ちるただサラサラと
染み渡る夜にふとくらむ

何かが咲いて 何か無くした
進むなかれと 響くなかれと
おぼろげ夢の晴れた日に帰ろう 帰ろう

なぜか輝く月に落とされ
このうつむく様をただ無機質な花が笑う

——————————————————————————————————

アレグロ (ALLEGRO)

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

最初に気付いたのは ある坂の上だった
薄く靄がかった 街の息が止まり

無情に流れる 流れは妙に早く
真ん中でひどく 震えて腕を切る

ぼんやりと眼がくらみ ぼんやり笑みを浮かべる 霞みゆく空

その手に掴んでる淡く弱く揺れる音
誰もが一つだけ強く強く守るもの

染まりそよぐ空の中 アレグロの鐘は響く
風は音となり弾け 水は気を仰ぎ揺らぐ

その音は輝いて 形など切り裂いて
いつか先を照らすように 力強く照らすように

静かに流れるあなたの祈りは、最初からつまり気付いていたんだ

錆出すこの音 未だ止まぬレクイエム
震えてる暇など 無いくらい判るだろう

立ち止まると勝てぬだろう 勝ち誇ると果てるだろう
アレグロの鐘は響く 強く強く鳴り響く

沸き上がる力を今、アレグロの鐘が照らして

——————————————————————————————————

赤橙 (Sekitou)

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

眠りの浅い朝の回路 埃にまみれてるカイト
フワフワの音が眠ってる
そこはかとなく日々は続き
左利きの犬がまさに 片足引きずり笑ってる

太陽と空の間 静かに開いた世界に
憧れてしまったんだろうか

赤い煉瓦をそっと積み上げて
遠き日の魔法をかけてみる
丸い地球の裏側なら これで行ける
そして少年は一握りの
オレンジ色の砂を蒔いた
黄金色に輝く音を いつか奏でよう

ある朝の記憶も僅か 懐かしきワルツも遥か
カラカラと音が流れてる
無邪気に笑う人の影と 無情に唄う木々の合図
またとない色を手に入れる

太陽と空を抱いた 世界にほんの少しの
明かりを灯せるだろうか

赤い煉瓦をそっと積み上げて
もう一度魔法をかけてみる
幼さ故の過ちなど これで消える
そして少年は一握りの
オレンジ色の砂を蒔いた
黄金色光る夕暮れに 音を重ねよう

——————————————————————————————————

バックグラウンド (BACKGROUND)

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

狂う拡張リズムの中 僕は聞こえないふりをして
狂う拡張リズムの中 君は最初に描いた夢抱いて

歪む結晶ノイズの中 僕は聞こえないふりをして
歪む結晶ノイズの中 空をいつもより求めて目を閉じた

無愛想に この嘘に あの音に この音に

バックグラウンドに隠れて
バックグラウンドで息を吸う
バックグラウンドに響く鐘が
バックグラウンドで答えを知って

狂う拡張リズムの中 僕は聞こえてるふりをして
狂う拡張リズムの中 君は最後に小さくうなずいた

——————————————————————————————————

spaced out

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

何も無いような空間で それを彩るような風景で
古いビルの上からの光景に 吸い込まれてくピンクの光景で

何から何まで歪んで アルミニウムの色さえ愉快で
1グラムにも満たない重量で 1秒先のメロディーに乗っかって

波は揺れる 世界歪む 音が誘う 月が笑う
波は揺れる 世界歪む 音が誘う 月が宿る

spaced out spaced out spaced out

何もないそして揺るがない 波は揺れる 世界歪む
波は揺れる 世界歪む 音が誘う 月が宿る

spaced out spaced out spaced out

——————————————————————————————————

香路 (Kouro)

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

溺れそうな加速していく夜 風一つ 無表情な浅い海
限り無いノルドの音色  目をつむる音に負ける
心、溶ける 心、溶ける

通り過ぎる衝動と募るノスタルジア
物憂げに染まる波音の様に
遠く流れゆく程 何か隠れた
罪と知って今、太陽を求めるのか?

救えない 無情の月色 華やかに水面のスクリーン

白と、土と、羽と、喉と、花と、悲壮と、
水と成る

——————————————————————————————————

シンプルストーリー (SIMPLE STORY)

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

共鳴の中で笑う二人 バターの香る部屋で
競争の日々がいつの間にか襲う悲しきストーリー

知らず知らず羽は取れて空を思う一人
深く深くここより深く沈んでゆくストーリー

透明度落ちる夜空に怯えていたから

色付く世界の片隅で震えてる腕で花を抱く
壊れてしまわぬようにと崩れてしまわぬようにと

君はうつろな眼とかすれきった声でこう呟く
「未だ花は咲いていますか」と「その手で抱いていますか」と

回るミラーボール落ちる地球をキラリ照らすストーリー
巡り巡る0と1の中で続くストーリー

透明度落ちる夜空に君はうつむいて

息づく世界の片隅で震えている腕で花を抱く
壊してしまいたくなるような崩してしまいたくなるような

君はうつろな目とかすれきった声でこう呟く
「未だ花は咲いていますか」と「その手で抱いていますか」と

行こう、次の世界へ 僕は爪を剥がして空を掴んで

——————————————————————————————————

SILENCE

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

強く根づく木々の唄が、音を潜め白い息を宿す

DEEP FOREST why do you stay?
求め続ける我が身と
DEEP FOREST why do you stay?
灯り続ける誇りと

足りるものを足りぬものと、満ちた水は直ぐに流れ枯れる

ゼロの中に生まれたもの 揺れて溶けてこの空を飾る
鈍い音と灰色の土 息が詰まる 木は泣いていた

——————————————————————————————————

揺れる球体 (Yureru Kyutai)

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

白濁していく空気感の中 靴鳴らし進む少年の歌が
響き渡る楕円形の球体 生命が宿り絶えゆく球体

イメージの中に吸い込まれるように
スパイシーな光は今日も鮮やかで
ただ一瞬の陰りすら許さず たった一生を悲しく焼きつける

色褪せる皮膚感覚の中 シナプスまでも濁りだしてる
とくとくと溢れ出す感情すらガスの風にただ曝されてる

ひっそりと続いてく ひっそり続いてく 日々それを許してく

青く澄んだ空も見れずに

揺れている 触れている 重ねる事はできぬから
遠くなる 流れてく 止めるには遅すぎるようだ

青く澄み過ぎてる空

少し時間を止めてはくれないか そう呟く君の曖昧さは
ネジの緩むレコーダーみたいに頼り無く断片をくり返す

同じ顔をしている 同じ顔をしている 同じ顔をしている

増えてゆく 震えてる 今は変わらぬようにと願う

青く澄んだ空も見れずに

揺れている 触れている 重ねる事はできぬから
遠くなる 流れてく 今は変わらぬようにと願う

美しくあれと願う 日々、強く抱く

——————————————————————————————————

Your Song

作詩: オオキノブオ
作曲: ACIDMAN

When I look up at the blue
I feel so empty inside
Are we asking too much or
Are we given too much though

Neither you nor we are wrong
An ambition really exists
and moves along with sorrow
That’s a fact

No one knows what is going on deep inside of the youth

Pray! Let’s prais your fate
We go on to go ahead
Pray! Let’s prais your fight
Your calling is my blaze
Pray! Let’s prais your fate
We go on to go ahead

A slight distortion has brought us
such a heavy thing to lift
We no longer have anyone to fight with

No one knows that a enemy hides deep inside of the youth

I’m standing here.
I accept your fate.
I accept your fight.
I’m standing here.

Laisser un commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l'aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion / Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l'aide de votre compte Twitter. Déconnexion / Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l'aide de votre compte Facebook. Déconnexion / Changer )

Photo Google+

Vous commentez à l'aide de votre compte Google+. Déconnexion / Changer )

Connexion à %s

%d blogueurs aiment cette page :